ダイエットにも◎!市販の「たまごスープ」を使った時短レシピ3つ

写真拡大

 こんにちは、美容ライターの此花さくやです。

 たまに飲みたくなるインスタントスープ。毎日飲むと飽きるし、家族に出すには罪悪感を感じちゃうし、複数食入りのものだと1袋使い切るのが難しくないでしょうか?

 そこで今回は、たまごスープをひと工夫した時短レシピを3つご紹介します。たまごスープはカロリーも低く、ダイエッターにもオススメなんです!

◆1:とろとろ“とろろ”のたまごスープ

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=701559

【材料】
・MCフードスペシャリティーズ「本格派 たまごスープ」(1食分8.0g/33kcal)・・・1個
・鶏ひき肉(モモ、ムネ肉どちらでも)・・・30g
・長芋すりおろし(冷凍とろろパックでも可)・・・40g
・サラダ油・・・小さじ1弱(3g)
・水・・・180ml
・万能ねぎの小口切り・・・大さじ2弱(10g)

【作り方】
1. 鍋にサラダ油を熱し、鶏ひき肉を炒める。色が変わったら水とたまごスープを加えてひと煮立ちさせる。

2. 1に長芋のすりおろしを加え、ひと煮立ちさせたら、火を止めて器に盛り、万能ねぎを散らす。

 長芋を加えることで、たまごスープがあっさり優しい味に変身しますよ! 長芋は消化を助ける酵素があるため、長時間煮立てないのがポイント。免疫機能を高める効果もあるので、疲労を感じるとき、食べ過ぎや飲みすぎで胃腸が疲れたときなどにぴったりのスープです。

◆2:たまごスープdeづけ茶漬け

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=701566

【材料】
・味の素「クノール(R)ふんわりたまごスープ」(1食分6.8g/28kcal)・・・1個
・ご飯・・・茶碗1杯
・漬け刺身3切れほど(刺身の種類はお好みで)・・・しょうゆ小さじ1に刺身を漬けておいたもの
・お湯・・・100〜150mlほど
・刻みのり・・・少々
・みょうが(オプション)・・・少々
・大葉(オプション)・・・少々
・わさび(オプション)・・・少々

【作り方】
1. ご飯をお茶碗によそい、たまごスープを上にのせる。

2. 沸かしたお湯の半量をたまごスープの上からそそいで、たまごをほぐす。

3. 2の上に漬け刺身をのせて、上から残りのお湯をそそぎ、刺身にお湯を通す。

4. みょうが、大葉、のり、わさびをお好みでのせる。

 お夕飯のお刺身が残ったときは、お刺身にしょうゆをもみ込んでタッパーに入れ、一晩冷蔵庫に置きましょう。次の日にたまごスープをかけて作る、“づけ茶漬け”にトライしてみてください。

 残ったお刺身にダシ汁をかけて作るのが普通の“づけ茶漬け”ですが、たまごスープで作るとコクのある味わいとなりますよ!

◆3:“たまごスープ”おろしそば

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=701585

【材料】
・MCフードスペシャリティーズ「本格派 たまごスープ」(1食分8.0g/33kcal)・・・1個
・ゆでそば・・・1玉
・大根おろし(水気をきって)・・・40g
・しょうゆ・・・小さじ1弱(5g)
・水・・・300ml
・万能ねぎの小口切り・・・少々
・刻みのり・・・少々

【作り方】
1. 鍋に水とたまごスープ、しょうゆを入れて火にかけ、ひと煮立ちさせる。

2. 湯通しして湯切りをしたそばを器に盛り、1をかけ、大根おろし、万能ねぎ、刻みのりをのせる。

 このレシピはかき玉と大根おろしの2つの味を手軽に楽しめます! 大根おろしは消化にもよく、胃腸を労わり便秘を防ぐ役割があるので、お腹が重く感じるときに食べてみてはいかがでしょうか?

====

 筆者は色々なたまごスープを試して「本格派 たまごスープ」と「クノール(R)ふんわりたまごスープ」が低カロリーで美味しいと思いましたが、もちろん、ほかのたまごスープでも作ることができますよ。

 インスタントのたまごスープにひと工夫加えるだけで簡単に手作りの味になるので、大人にも子供にも大好評! たまごスープが余っていたら、ぜひトライしてみてくださいね。

<TEXT/此花さくや>