男子ゴルフ米国ツアー、ザ・プレーヤーズ選手権2日目。9番ホールを終えた直後のルイ・ウーストハイゼン(2017年5月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアー、ザ・プレーヤーズ選手権(The Players Championship 2017)は12日、米フロリダ(Florida)州ポンテ・ベドラ・ビーチ(Ponte Vedra Beach)のTPCソーグラス(TPC Sawgrass)で2日目が行われ、ルイ・ウーストハイゼン(Louis Oosthuizen、南アフリカ)とカイル・スタンリー(Kyle Stanley、米国)が通算9アンダーで首位に並んだ。

 南アフリカの港町モーゼルベイ(Mossel Bay)生まれで34歳のウーストハイゼンは、ノーボギーでホールアウトした第2ラウンドでスタンリーとともに6アンダーの猛チャージをみせ、後続に2打差をつけた。

 これで15大会連続で予選を通過したウーストハイゼンは、「週末に向けて絶好の順位につけている。このコースでは何度も大会が行われているが、今大会の2日目までを振り返ると、ミスが出やすくなっている」とコメントした。

 J・B・ホームズ(J.B. Holmes、米国)が通算7アンダーで単独3位につけ、54歳のビジェイ・シン(Vijay Singh、フィジー)はスコアを4ストローク伸ばして通算6アンダーとし、リーダーボードのトップを狙える単独4位に浮上した。

 世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(Dustin Johnson、米国)は、初日の1アンダーから1打後退し、イーブンパーの43位タイグループで決勝ラウンドに進出。今季メジャー第1戦の第81回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2017)を制したセルヒオ・ガルシア(Sergio Garcia、スペイン)、ジャスティン・トーマス(Justin Thomas、米国)、ロリー・マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)も同グループに並んでいる。

 一方、世界ランク5位のジョーダン・スピース(Jordan Spieth、米国)は、この日2オーバーで予選落ちを喫した。
【翻訳編集】AFPBB News