日本発祥だが、その信ぴょう性は…

写真拡大

【林先生が驚く初耳学】(TBS系)2017年5月7日放送
「GWの体重が肥満の分岐点★血液型診断」

「あなたA型でしょ」「やっぱりO型だと思った」――。身近な人とこのような会話を交わした人は多いのでは。

血液型を基にした性格判断や「占い」は、本や雑誌、ウェブサイト上にしばしば登場する。発祥は日本だが、科学的な研究データに基づいたものではないという。

90年前に行われた「親族調査」

番組ゲストの中で、アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人は、「几帳面」とされるA型のため「いつも部屋きれいでしょ、と言われる」そうだ。また「変わっている」と評価されがちなAB型の女優・吉本実憂は「私もよく変わり者と言われます」と明かした。

聖徳大学心理・福祉学部講師で心理学博士の山岡重行氏は、血液型性格判断について、「はじめは11人の調査から始まりました」と説明した。1927年、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大)の古川竹二教授が、親族11人に対して聞き取り調査を行い、性格の分類を行なったのだ。するとたまたまA型は消極的、B型とO型は積極的な人が固まった。親族にAB型がいなかったので追加で調査し、「内面はA型だが外面はB型」という結果を出した。

1900年ごろ、世界各国の血液型調査で西洋はA型、東洋はB型が多いと分かった。実はゴリラやウシといった動物にB型が多いため、ドイツのE・フォン・デュンゲルン博士が「東洋人は野蛮」と決めつけた。これに反発した古川教授が行ったのが「11人の調査」というわけだ。

「O型は運動能力に優れている」10年後は...

現代につながる血液型の性格判断は1973年、古川教授の研究を基にした「血液型人間学」という本の発売がきっかけとなった。「血液型占い」と呼ばれ、一大ブームを起こしたのだ。

だが現在に至るまで、その内容に科学的な根拠は一切ない。一つの例として、番組はこんなエピソードを紹介した。1994年に発売された血液型に関する本では、当時のプロ野球選手にO型が多かったため、「O型は運動能力に優れている」とした。ところが2004年になると、プロ野球選手の血液型で多かったのはO型ではなくB型だった。