新MacBookの欠点が利点に、USB-A x3・HDMI・SD・給電が1ポートで完結するUSB-Cハブ
新型のMacBook Proや12インチMacBookを購入して最初に困るのが、周辺機器の接続です。ポートがUSB-Cオンリーなので、そのままではHDMIやUSB-A機器、SDカードなどが使えません。



そこで多くのユーザーの選択肢に登場するのが、アップル純正のUSBハブ「Digital AV Multiport Adapter」です。純正なのでMacとの相性は安心ですが、ポートはUSB-A x 1、HDMI x 1、MacBook給電用のUSB-C端子の3つだけ。カメラ用にSDカードを多用する筆者としては物足りなく感じました。



そこでサードパーティーでいい製品はないか探したところ、見つけたのがHooToo製のUSBハブ「 HT-UC001」です。同製品は、重さ69gのコンパクトな筐体に、USB-A x 3、HDMI x 1、SDカードスロット x1、給電用のUSB-C x 1の計6ポートを揃えます。


左からUSB 3.1 Gen1ポートが3つ、SDXCカードスロットが1つ


HDMI端子(4K 30fps、フルHD 60fpsの出力が可能)


MacBookに繋ぐと、HooTooのロゴマークが白く光る粋な演出

新MacBookの欠点が利点に


同製品を購入して感じたのは、周辺機器を本体に直接繋ぐより、ハブを経由したほうが見た目がすっきりするという点です。

これは製品というよりUSB-C規格の長所ですが、1つのUSB-CポートでMacへの給電・外部モニタへの出力・SDカードからの読み込み、スマートフォンの充電など、多くのことがこなせます。従来のMacBookなら、本体の左右から、まるでいくつものスパゲッティが伸びている状態でしたよね。

Macを持って急に外出する際にも、USBハブさえMacから抜けば、周辺機器を一気に外せます。USB-Cの全面採用は、既存の周辺機器との連携面では欠点にも感じますが、ケーブル類がすっきりするという意味で利点にもなる印象。これも1つのケーブルで給電・データ転送・映像転送が一挙こなせるUSB-C規格の恩恵と言えそうです。

なおHooTooのUSBハブで気になったのは、かなり熱を帯びる点。肌に触れるものではありませんが、熱がこもるような場所には置かないほうがいいかもしれません。