故障者/札幌=増川、稲本、深井、ヘイス、内村、上原 G大阪=今野、呉屋、パトリック、野田
出場停止/札幌=なし G大阪=なし
U-20W杯による欠場者/札幌=なし G大阪=堂安、初瀬、市丸、睫

写真拡大 (全2枚)

Jリーグ 第11節
コンサドーレ札幌-ガンバ大阪
5月14日(日)/19:00/札幌ドーム
 
コンサドーレ札幌
今季成績(10節終了時):15位 勝点12 3勝3分4敗 11得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●横山が先発復帰へ。
●福森が11日の練習で首を痛める。
●前節から中7日での試合。休養は十分。
 
【担当記者の視点】
 対戦相手のG大阪が火曜日にACLのアウェーゲームを韓国で戦ったのに対し、札幌は今週ルヴァンカップの試合がなく、ホームで戦った前節から中7日で再びホームゲームを戦うというスケジュール。調整期間は十分だ。
 
 ただし、11日の練習時に福森が首を痛めて途中離脱したのは気になるところ。出場に大きな問題はないようだが、仮に欠場となればプレースキッカーを欠くことになる。
J1リーグ 第11節
北海道コンサドーレ札幌-ガンバ大阪
5月14日(日)/19:00/札幌ドーム
 
ガンバ大阪
今季成績(10節終了時):3位 勝点19 5勝4分1敗 21得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●郄木がU-20ワールドカップのメンバーに追加招集。
●ACL済州ユナイテッド戦に0-2で敗れ、2年連続でグループステージ敗退。
●不適切なフラッグ掲出に関する制裁は「けん責」と「制裁金200万円」に決定。
 
【担当記者の視点】
 ACLで2年連続グループリーグ敗退に終わり、少なからずチームにショックはあるが、「この悔しさをJの舞台で晴らす」とは長谷川監督の弁。好調の堂安がU-20ワールドカップ出場で不在のなか、アデミウソンらFW陣の奮起は不可欠となる。
 
 札幌戦の通算成績は7勝2分3敗と相性がいいものの、相手も今季はホームで無敗(3勝2分)だけに油断はできない。5月の公式戦初勝利を飾り、首位奪取に向けて足もとを固めたいところだ。