グランドフィナーレ オールラインナップ(写真=半田安政)

写真拡大

 スガ シカオは5月6日、さいたまスーパーアリーナにて開催した『スガフェス!〜20年に一度のミラクルフェス〜』のラストで一人ステージに残り、感慨深げに話し始めた。

 2011年に事務所もレーベルも辞め、マネージャーもいない1人の状態で、インディーズから音楽を始めたこと。誰も味方がいなくなった時に、「苦しい時はたくさんの人に甘えろ、いつか恩返しできる時に、精一杯恩返ししろ」とフェスのオーガナイザー鹿野 淳氏からアドバイスを受けたこと。徐々に増えていったスタッフ、周りのアーティスト、ファンに支えられ、このさいたまスーパーアリーナまでたどり着いたことーー。これがゴールではなく、「恩返しの第一歩」であると彼は感謝を込め話していたが、『スガフェス』はスガがこれまでのキャリアで積み重ねて完成した結晶体だ。ジャンルレスのアーティストたちに、一風変わった企画、アーティスト主催のフェスだからこその温かさ。『スガフェス』には、スガの人柄が滲み出た雰囲気があった。

 『スガフェス』は、バンド形式のアーティストが出演する第一部と、kōkuaがハウスバンドを務めノンストップでアーティストを迎えていく第二部で構成された。トップバッターを飾ったのは、1966年生まれのアーティストによるROOTS 66の仲間でもある、増子直純率いる怒髪天。スガと共に、会場に鳴り響くカラオケに乗せ、「夜空ノムコウ」を熱唱した。スガ シカオ with 菅波栄純として夏フェスに出演し、関わりの深いレーベルメイトのTHE BACK HORN。バラード「With You」では、スガを交え優しく壮大な空間を作り上げた。「あと20年やってもこの域に到達できるか……」と、スガが卓越した演奏技術を賞賛したのはUNISON SQUARE GARDEN。滅多にステージ上でコラボはしないと前置き演奏した「シュガーソングとビターステップ」では、アグレッシブなスガの姿にアリーナが大きく揺れる。

 続く、ふなっしー、RADIO FISH、稲川淳二というラインナップにも、一組ごとにスガとの物語があるのだ。けれど、ふなっしーだけは会いたかったからという理由で『スガフェス』に呼ばれたらしい。“武勇伝”で一世を風靡して以来、4年ぶりの再会となる中田敦彦、オリエンタルラジオ率いるRADIO FISHは、「PERFECT HUMAN」で一気に会場の心を掴む。スガの「クライマックス」MVにも出演している稲川淳二は、身の毛もよだつ怪談で会場を一気にクールダウンさせた。

 第一部のトリを飾るのは、公私共に仲が良く、『ap bank fes』や映画『Split The Difference』での共演もしているMr.Children。革ジャンにサングラス姿で“スガ シカオ”として登場した桜井和寿。「fanfare」「擬態」とアップチューンで会場を巻き込んでいきながら、「Tomorrow never knows」「終わりなき旅」でグッと距離を引きつける。「最もあの人の匂いがプンプン匂ってくるあの曲を」と桜井が前置きし、スガと共に披露したのは、共演のたびに歌われてきたMr.Childrenの「ファスナー」だ。時折、フェイクを入れ、アレンジしながら熱唱するスガの姿は、まるで自身の曲を披露しているかのようであった。「ミスチルの演奏で歌った、俺!」と無邪気な笑みを浮かべるスガが、何とも微笑ましかった。

 少しのインターバルを挟み、フェスは第二部へ。まずは、kōkuaがオリジナルアルバム『Progress』からのナンバー「夢のゴール」を披露。“可能性は無限大”とスガがリスペクトを込め、迎え入れた最初のゲストはSKY-HIだ。スガの「19才」では、kōkuaと共にラップを交えたフリースタイルセッションを見せつける。ほかアーティストの押しの姿勢に対して、“引き”のライブで挑んだのは、スガ、山村隆太(flumpool)、高橋優からなるスペシャルユニット「スガンプーユ」。宣言通りに、緩い空気を醸し出しながらも、「夜空ノムコウ」「福笑い」「星に願いを」と、それぞれの楽曲をアコースティックギター3本で披露していった。

 今回のフェスの紅一点。会場にサイリウムが輝き、スガが「綺麗よー!」と叫んだのは水樹奈々。2011年に『僕らの音楽』(フジテレビ系)でコラボするはずだったのが、様々な事情で叶わなかった経緯を持つ2人が、6年の月日を経て、ついに夢の共演を果たす。彼女の代表曲「ETERNAL BLAZE」では、スガがギターを演奏しながら飛び跳ね、喜びを露わに。スガの「はじまりの日 feat.Mummy-D」では、Mummy-D(RHYMESTER)を迎え、ジャンルレスの共演が実現した。“スガマニア”だと名乗るポルノグラフィティの岡野昭仁は、「アゲハ蝶」を<シカオに会えた/それだけでよかった>と歌い、スガへの敬意を表す。ほかの人がやらないこととして歌ったメドレーには、彼へのリスペクトが滲み出ており、スガも「やり切ったね!」と岡野へコメントを送った。

 全てのコラボが終わり、フェスはいよいよ大詰め、kōkuaの出番だ。「午後のパレード」では、アリーナ中央のミラーボールが回転し、会場は一変ディスコ会場に。10年以上前、kōkuaを結成するきっかけになった曲であり、自身の人生の節目にも「あと一歩だけ前に進もう」というメッセージに救われたという「Progress」。観客が腕に付けたシンクロライトが、一斉に白く点灯し楽曲に美しい彩りを添えた。

 フェスの大トリを飾るのはもちろんスガ本人だ。「いい人のスガ シカオは終わりました!」と宣誓すると、「アイタイ」をプレイ。ヒリヒリするようなエッジの効いたサウンドを響かせ、クールなスガの一面を覗かせる。「10年間ギリギリで生きてきた!」と叫ぶと、KAT-TUNへの提供曲「Real Face」をステージに立つ火柱の中で熱唱。大きなファンクのうねりを生みだしながら、会場を熱狂の渦に巻き込んでいく。「自分がやってきたこと、一つひとつが間違いじゃなかったんだって確信しました」と、感謝の意を伝え「Re:you」「19才」で本編を締めくくる。アンコールを受け、再びステージに登場したスガはトロッコに乗り、「したくてたまらない」を歌いながらアリーナを進む。

 ステージに勢ぞろいした出演者に迎え入れられ、舞台に上がったスガ。「20年やってきてよかった! 最高の友達と出会えてよかった! そして、今日の主役はファンのみなさんです!」。拍手喝采の中、満面の笑みを浮かべるスガ。祝祭感に満ちた会場の空気が、今回のフェスの成功と、これまで彼が歩んできたキャリアを讃えていた。冒頭で先述した通り、これはスガにとっての「恩返しの第一歩」である。多くの仲間とファンに見守られながら、スガ シカオは、更なる高みへと歩みを進めるのだろう。(文=渡辺彰浩)