故障者/鹿島=中村、山本、金崎 神戸=レアンドロ、藤田、大槻、吉丸
出場停止/鹿島=なし 神戸=なし
U-20W杯による欠場者/鹿島=なし 神戸=藤谷

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第11節
鹿島アントラーズ-ヴィッセル神戸
5月14日(日)/14:00/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
今季成績(10節終了時):1位 勝点21 7勝0分3敗 13得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●右足首などを痛めている金崎は欠場の見込み。
●ACLのムアントン。U戦で左足首を痛めた昌子だが出場を志願。
●その試合で2アシストを記録し、勝利に貢献した遠藤は「この神戸戦を勝たないと意味がない」と気を引き締めた。
 
【担当記者の視点】
 リーグ戦は目下2連勝中で首位に立ち、ACLもグループ1位で突破するなど、チーム状態は上向きだ。
 
 エース金崎が負傷中も、若い鈴木が復調傾向にあり、P・ジュニオールも古巣相手にモチベーションは高いはず。このふたりが前線からエネルギッシュに動き回り、2列目が上手く絡んで、分厚い攻撃を仕掛けてゴールを狙う。
 
 守備陣は、ここまでフル稼働の昌子&植田の疲れが気がかり。彼らに負担がかからないようなサポート体制を築き、無失点に抑えて、3連勝を飾りたい。
 
 
J1リーグ 第11節
鹿島アントラーズ-ヴィッセル神戸
5月14日(日)/14:00/県立カシマサッカースタジアム
 
ヴィッセル神戸
今季成績(10節終了時点):8位 勝点16 5勝1分4敗 11得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●前節の広島戦は引き分け。4試合ぶり勝利はならず。
●5月10日のルヴァンカップ(対甲府)を2-1で制す。
●DF橋本に第二子(長男)が誕生。
 
【担当記者の視点】
 前節の広島戦、5月10日のルヴァンカップ(対甲府)では3バックで臨んだが、今節は従来の4-4-2に戻す可能性が有力か。2連勝中の鹿島にある程度ボールを持たせつつ、連動した守備を生かしながら、カウンターに持ち込む形で勝機を窺うだろう。
 
 攻めの回数を増やす意味では、前線でいかに起点を作れるかもポイント。広島戦、甲府戦で力強いポストプレーを見せていた田中順がタメを作り、2列目のウエスクレイや大森ら、アタッカー陣の攻撃参加を上手く促せるかがポイントだ。