注目の美女・神部美咲(右)が
“相撲ガールズ”結成!

写真拡大

 女優の神部美咲が、石川・金沢で5月21日に開催される「第101回高等学校相撲金沢大会」のイメージガールを務めることがわかった。101回目の同大会開催を記念し、神部&千洋が応援サポーター“相撲ガールズ”を結成。公式サイト(http://sumo-girls.com/)では特別動画「世界一カワイイ相撲技解説ムービー」が公開されており、セーラー服に身を包んだ2人がガチンコで相撲に挑み、決め技全82手を披露する姿を見ることができる。

 近年、相撲ブームに火がつきはじめ、“スー女”と呼ばれる熱狂的な女性ファンが話題を集めるなか、日本高校スポーツ界最古の歴史を持つ高等学校相撲金沢大会が、101回目の開催を迎える。本動画は、多くの人々に相撲についてより深く知ってもらい、高校生相撲の魅力を発見してもらうことを目的に制作。相撲ガールズが3日間のハードな撮影を敢行し、ダイナミックにスカートを翻しながら、押し倒しや一本背負いなど体を張って実演した。

 相撲ガールズを務めた神部は「ミス・アース・ジャパン2015」のJOYSOUND賞に輝いたほか、日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」の第4、5話に愛梨役で出演した注目の美女。特技は柔道や極真空手だそうだが、今回の動画撮影を「思っていた以上に過酷でした(笑)。ただ82手を実演するのではなく角度や迫力、技の見え方が上手く伝わるように、みんなでアイデアを出しながら、ひとつの技に対して何度も何度も挑戦しました! セーラー服は相撲がやりづらいことがわかりました(笑)」と振り返る。さらに印象に残った決まり手を、「三所攻めです! 相手を信頼していないと怖い技だったので大変でした。あと気に入ったのは、鯖折り(さばおり)ですね! なんだかシュールな技で笑えました」と明かしている。