有機EL超えの次世代ディスプレイに「iPodの生みの親」も出資

写真拡大

米アイダホ州に本拠を置くスタートアップ、Rohinni(ロヒンニ)は、大きさ25ミクロンのマイクロLEDを導電材料の上に数千個敷き詰めた「光る紙」を2014年に開発した。

同社の共同創業者であるCody PetersonとAndy Huskaは投資家のNick Smootと共に、当時グーグル傘下のネストでCEOを務めていたトニー・ファデルにこの製品を売り込んだ。ファデルは興味を示したが、マイクロLEDをより精密に、規則正しく並べることを要求した。

「クレージーなテクノロジーだと思ったが、ビジネスとして成り立たせるには技術改良が必要だと感じた」とファデルは当時を振り返る。

Rohinniは、半年をかけて2-3ミクロンの精度で1秒当たり400個の極小ダイオードを並べることができるロボットを開発し、ファデルから出資を得ることに成功した。ファデルは、元アップルの幹部で、iPodとiPhoneの生みの親として知られる。2013年に設立されたRohinniは、これまでにエンジェル投資家から総額1500万ドルを調達しており、ファデルは大株主の一人だ。

彼は同社以外にも100社以上のスタートアップを支援している。現在はパリに在住だがRohinniのメンバーには毎日4-5通のメールやテキストメッセージを送るなど、密にコミュニケーションを取っている。ファデルは、Rohinniへの出資額については明らかにしていない。

ファデルは、 Rohinniの開発した光る紙が、有機ELの代替品としてテレビやスマホなど幅広い製品に使用することができると考えている。現在、有機EL業界は、サムスン、LG、シャープ、ジャパンディスプレイの4社が独占している。

iPhoneのようにLCDディスプレイを搭載しているスマホは、一般的にLEDをディスプレイの上下に配置してバックライトとして使用している。ところが、RohinniのマイクロLEDを使えば、ディスプレイの裏側に設置することができ、有機ELのように端末を薄くしたり、ベゼルレスデザインにすることが可能になる。しかも、Rohinniによると画面は有機ELの10倍も明るいという。しかし、何といっても最大のメリットは、巨額投資をして有機EL向けに新たなサプライチェーンを構築する必要がないことだ。

有機ELを超える性能

「我々は、有機ELよりも優れたディスプレイをより低いコストで生産することができる。また、工場の刷新に数十億ドル投資する必要もない」とファデルは言う。

アップルは、かねてよりマイクロLED に興味を示しており、2014年にはマイクロLEDディスプレイメーカーのLuxVue Technologyを買収している。Business Koreaの報道によると、アップルは第3世代アップルウォッチ用としてマイクロLEDディスプレイの量産を開始する予定で、10周年記念モデル以降のiPhone向けにも生産を行うという。

アップルが自前でマイクロLEDディスプレイを生産できるため、RohinniがiPhoneのサプライヤーになることはないだろう。そもそも、Rohinniの現在の生産能力では、スマホ向けのボリュームに対応することはできない。Rohinniは、極小ダイオードを設置するための専用ロボットを30台作ったが、1台当たり30万ドルほどのコストが掛かったため、今後は他社とジョイントベンチャーを組んでマイクロLEDを生産する方針だという。

同社は、これまでにキーボード向けバックライトの生産を開始し、テレビ向けのマイクロLEDディスプレイのプロトタイプも開発した。同社によると、現在スマホとテレビのメーカー数社と交渉をしているという。

ファデルは、アップルでiPodやiPhoneの開発に携わった後、スマートホーム企業のネストを設立した。彼は、コンシューマ製品を作るだけでなく、基盤技術の開発にも強い関心を抱いている。例えば、アップルではiPhoneに搭載するためのマルチタッチ技術を開発する子会社を立ち上げ、その責任者に就任している。

ファデルがアップルを退社後に立ち上げたネストは、グーグルに32億ドルで買収され、現在はアルファベット内の一部門となっている。ファデルは、現在のAIブームが到来する何年も前から、機械学習アルゴリズムを使った自動室温調整技術を開発していた。彼は昨年、アルファベットを退職し、投資家として数多くのスタートアを支援する活動を開始した。アルファベットを退職した理由としては、ネストの業績不振や、内部の混乱、幹部の離脱などが噂されている。