<ザ・プレーヤーズ選手権 2日目◇12日◇TPCソーグラス(7,189ヤード・パー72)>
“第五のメジャー”「ザ・プレーヤーズ選手権」の2日目。51位タイから出た松山英樹は5バーディ・4ボギーの“71”でラウンド。スコアを1つ伸ばしトータル1アンダー34位タイに浮上した。
松山英樹の戦いを特選フォトでプレーバック!
松山はこの日、出入りの激しいゴルフに。「ショット、パットともに全然良くないので、これで予選を通れたのはよかったと思う」とまったく満足のいく内容ではなかったが、問題なく予選は突破。14番ではバンカーからチップインバーディを奪うなど見せ場も作ったが、4つのボギーで思うようにスコアを伸ばせなかった。
名物ホールの17番パー3では同組のフィル・ミケルソンとジョーダン・スピース(ともに米国)の2人が揃って池に落とした。実は打順は松山のほうが先だったが、「ジョーダンがなんで僕より先に打っているのかなーって。本当はボクが先なんだけど。でも参考になるからいいやと(笑)。予選ギリギリだからカッカしているのかなと。お陰で難しいものをみてしまった(笑)」とちょっとしたハプニングが。
しかし、「2人みたらピッチングじゃ大きいのかなと、すごくコントロールして打った。スピンが入ったのであそこで止まってくれた。あれが2番目に打っていたら奥の池に入っていた。ラッキーだった。先に打ちたかったんですけどね。フツーに順番どおりに行きたかったんですけど」、慎重に打ったことがパーセーブにつながった。
「このコンディションなので毎日毎日ビッグスコアが出るわけじゃない。あと2日、良いスコアで回れたらまだまだチャンスはあるとは思う」と残り36ホールを見据えた松山。持ち前の修正力で、決勝ラウンドは巻き返せるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

“第5のメジャー”ザ・プレーヤーズ選手権のリーダーボード
マスターズ覇者はやっぱり持ってる!?セルヒオ・ガルシアが17番でエース
マキロイと契約直後…アディダスがテーラーメイドを米個人資産運用会社に売却
国内メジャー「日本プロ」のスコアをリアルタイム配信中
R・マキロイの“ヘッド全取っ替え”はリスク? 【新セッティング詳報】