かつて虫歯の治療にはよく銀歯が使用されてきました。現在もいずれかの歯が銀歯である方も非常に多いはずです。別に銀歯があってもそのことを問題視している人はいないと思いますが、実はこの銀歯が原因で歯茎が黒く変色してしまうこともあるというのです。そこで銀歯がもたらす悪影響について調べてみました。

そもそも銀歯のメリットとは?

銀歯はそもそも虫歯治療に効果的だからこそ使用されてきたもの。だからずいぶん前から今日に至るまで全国の歯科医院にて銀歯での処置が行われています。銀歯のメリットは金属を使用していることから他の詰め物素材よりも強度が高く耐久性に優れていること。その上保険適用で処置が受けられるので、経費を安くする上でも銀歯での治療が多く行われているわけです。

銀歯の金属が溶けることで悪影響をもたらす

もちろん銀歯は見た目的にもあまりいいものではありません。しかも銀歯は長期間放置していると、次第に口の中で金属成分が徐々に溶解していき唾液と共に体内へ取り込まれてしまいます。すると結果的に金属アレルギーを発症してしまうことや、歯茎が黒く変色してしまうことがあるというのです。では銀歯をつけている人にとって、金属アレルギーや歯茎の変色を防ぐ方法はないのでしょうか?

プラスチックやセラミックに変える対策方法も

銀歯による金属アレルギーや歯茎の変色といった悪影響は、銀歯といった金属素材を使用しないことで対策が可能になります。具体的にはそれに代替されるプラスチックやセラミックなどに切り替えるという方法。しかし他素材にも相応のデメリットがあります。プラスチック素材は強度が弱く変色しやすいので、こまめなメンテナンスが必要になります。セラミックは強度も強く変色にも強いですが、大半が保険適用外となるので高額な治療費を覚悟しなければなりません。銀歯による悪影響から身を守りたいというあなたは、これら他素材のデメリットを把握した上で、歯科医院で銀歯を取り替えてもらうといいでしょう。


writer:サプリ編集部