韓国との今後の付き合い方を高須院長が語る

写真拡大

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、韓国の新大統領となった文在寅氏がテーマです。

 * * *
──新しく就任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領について、お話をうかがいたいと思います。

高須:これまた面倒な人が大統領になってしまったという印象だね。

──文氏は、親北朝鮮路線で反日路線ですよね。

高須:安倍首相としては付き合いにくい相手であることは間違いないよ。だって、こんなに北朝鮮情勢が緊迫しているというのに、北朝鮮に歩み寄ろうとしている人が大統領になるんだからね。なんというか、韓国の選挙というのは、国際的な流れとはまったく関係ないところで動いているんだろうな。「とにかく朴槿恵が憎いから、その敵に票を入れればいい」というのが韓国民の考え方なのかな?

──文大統領は、北朝鮮問題の解決のためには、平壌にも行くと発言しているようです。

高須:北朝鮮と韓国が対話をするのはいいことだけど、文大統領の場合は、あくまでも“親北朝鮮”だからね。要するに太陽政策を復活させて、金正恩と仲良くするということだから、トランプさんだって黙っちゃいられない。アメリカ主導で東アジア情勢をおさめようとしているところで、北朝鮮に加勢するような動きを見せるっていうのは、普通なら考えられないこと。北朝鮮だって暴走しかねないし、アメリカのメンツも丸つぶれだよ。トランプさんはどうするんだろうね。ちょっと怖い気もするな。

──そして、文大統領は従軍慰安婦問題に対する日韓合意についても見直す意向のようです。

高須:これはもうけしからんことだよ。朴槿恵大統領時代の仕事だったとはいえ、国同士で取り決めた合意なんだから、それをしっかり全うするのが成熟した国家というもの。それをなかったものとして許されると思っているのがすごいことだよ。そんなワガママを言って、恥ずかしいとは思わないのかね? いやあ不思議だ。

──文大統領は、THAAD配備についても元々は反対の姿勢を見せていました。

高須:大統領に就任して、多少姿勢は変わっているようだけど、でも根本的にはTHAAD反対派なんだと思う。やっぱり、結局は親北朝鮮、親中国の人であって、反日、反米の人なんだよ。でも、北朝鮮が核実験をちらつかせている今の情勢で、そんな態度を取っていたら、アメリカからしたら敵国のようなものだ。もちろん国際社会からもつまはじきにされるだろうし、これまで広い心で許してきた日本だって、いよいよブチ切れて、国交断絶だってありうる。いやあ、本当にどうなっちゃうんだろうね。なんというか、申し訳ないけど、自滅するシナリオしか見えないけどなあ…。

──日本政府としては、新しい韓国とどう付き合っていくべきなのでしょうか?

高須:わざわざ喧嘩をしていく必要はないと思うけど、必要以上に仲良くしていく理由もないと思う。そもそも向こうが反日の姿勢を見せているわけだよ。けんか腰の相手にどうして優しい顔をしなきゃいけないんだ。相手がけんか腰な分、こっちも素直に思っていることをぶつければいいわけだから、日本としては意外とやりやすいのかもしれない。文大統領の態度次第では、すっぱり縁を切っちゃうのもいいと思うよ。経済的に困るのは韓国のほうだし、韓国からの輸入がなくなっても日本の産業は十分に成立するだろうしね。それに、このままでは韓国もアメリカを怒らせて、世界的に孤立していく可能性も高い。むしろ、“韓国切り”をする大きなチャンスなんじゃないのかな。

 * * *
 反日の文在寅大統領だからこそ、日本も強い姿勢で本音をぶつけやすくなったと分析する高須院長。付かず離れずだった日韓関係に、大きな転機がくるのかもしれない。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。