(写真提供=カン・ミョンホ)

写真拡大

女子ゴルフツアーの公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で待望の日本デビューを飾った、“韓国女子ゴルフ界の超絶セクシークイーン”アン・シネ。

膝上30センチと言われたミニスカート姿やセクシーな風貌、さらはファン対応など、その一挙一動が、先週はスポーツ新聞やテレビのスポーツニュース、さらには夜の情報番組や朝のワイドショーなどで取り上げられ、まさに“アン・シネ旋風”といったところだった。

そんな日本のフィーバーぶりは、当然のように彼女の母国・韓国でも詳しく報じられている。

韓国メディアはときに、日本では想像もつなかいような視点や独自の切り口、刺激的なアングルやヘッドラインなどを打ち出すが、「日本選手よりも韓国選手たちのほうが露出が多い」「富士山も爆発するほどの美貌」と、その詳細を報じるメディアもあったほどである。

男性誌を飾ったセクシーグラビアが再注目!!

興味深いのは、日本の過熱報道を受けて、韓国でもアン・シネの過去の出来事に再びスポットライトが当たっていることだ。

例えば『金剛日報』は最近、「プロゴルファーのアン・シネ、美女ゴルフスターの危険なグラビアを公開」という記事を掲載している。

登場したのは韓国で最も有名な人気男性誌『MAXIM KOREA』。そこでアン・シネは表紙とカバーグラビアを飾っているのが、その雑誌は昨年9月に発売されたものだった。
(関連記事:韓国ゴルフ界の“超絶セクシークイーン”アン・シネが男性誌の表紙に!! 牛革のミニスカートも!!

「アン・シネが話題の中、彼女の美しい容姿また、スポットライトを浴びている。過去に彼女はとある雑誌社とグラビア撮影を進行していたのだ」と、記事は綴っている。日本でも話題の人物になると過去の出来事に注目が集まるが、まさに日本の過熱報道によって、彼女の過去がクローズアップされている好例と言えるだろう。

また、日本ではアン・シネのファッションだけではなく、ファン対応も注目の的になった。

韓国でもファンには「かわいすぎる神対応」

ラウンド後に待ち受けるギャラリーたちのために、30分以上も時間をかけてファンと握手をしたり、サインに応じる姿は、「神対応」とまで報じられたが、韓国では決して珍しいことではない。

韓国では過去にも、「アン・シネ、ファンサービスも美貌に負けずハイレベル」(『エクススポーツ・ニュース』)、「親切なアン・シネ、訪れたファンたちにサインでサービス」(『マニアリポート』)、「アン・シネ、ファンサービスも満点級」(『newsen』)など、アン・シネのファン対応は韓国でもしばし記事になってきたのだ。

ただ、その様子は日本とはやや異なるかもしれない。日本では男性ファンが大半だが、韓国では女性からサインを求められ、かなりの距離でファンたちと接近しているのである。

そんなアン・シネが5月12日から挑んでいる女子ツアー第11戦「ほけんの窓口レディース」。初日はイ・ボミ、松森彩夏とのペアリングで回った。イ・ボミとは「サロンパスカップ」最終日に続くラウンドだった。

先週に続いてイ・ボミと同組

実はイ・ボミとアン・シネは“意外な共通点”が多いだけに、そのラウンドは韓国でも注目を集めている。

日本の過熱報道の様子は、きっと韓国でも詳しく報じられることだろう。

そんな注目を知ってか、アン・シネは「ベストドレッサーを狙う」と語ったそうだが、韓国でも「今週のベストドレッサー」の常連でもあるだけに期待は膨らむところだろう。韓国ではスカイブルーのシャツに白の超ミニスカート姿で話題を集めたことがあるが、今度は日本でどんなファッションを見せてくれるだろうか。

いずれにしても、今回も大勢のギャラリーを引きつれて歩く“アン・シネフィーバー”が起こることは、間違いなさそうだ。

(文=慎 武宏)