イタリア・グロッセートの裁判所を去るクルーズ船「コスタ・コンコルディア号」の元船長、フランチェスコ・スケッティーノ被告(2013年4月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イタリア中部ジリオ(Giglio)島沖で2012年に起き32人が死亡したクルーズ船「コスタ・コンコルディア(Costa Concordia)号」座礁事故をめぐる裁判で、同国の最高裁判所は12日、元船長のフランチェスコ・スケッティーノ(Francesco Schettino)被告(56)に対し下級審が言い渡した禁錮16年の刑を支持する判決を下した。

 事故発生時、乗客乗員の避難完了を待たず船を放棄したスケッティーノ被告はメディアから「臆病船長」と呼ばれ、2015年に過失致死などの罪で有罪判決を言い渡されていた。最高裁の判決を受け、同被告は直ちに首都ローマ(Rome)の刑務所に収容された。

 遺族らの弁護士は「ついに正当な裁きが下された。この判決により、愛する人を失った人々の心が安らぐことを願う」と述べている。

 一方、スケッティーノ被告の弁護団は、事故発生と被害拡大の主因は船の所有企業やインドネシア人操舵手、伊湾岸警備隊による組織的過失にあり、同被告と共に責任を負うべきだと主張。今後、欧州人権裁判所(European Court of Human Rights)への提訴も検討するとしている。
【翻訳編集】AFPBB News