FW岩崎悠人、支えてくれる人のために「何か感動を与えたい」《U-20W杯》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は12日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に向け、静岡県内のトレーニング施設でトレーニング及びヤマハスタジアムでジュビロ磐田と練習試合を行った。

▽磐田との試合後、FW岩崎悠人(京都サンガF.C.)がメディア陣のインタビューに応対。磐田との練習試合に関してはまだまだ課題が多いと反省を口にしたものの、サポーターや家族のために本大会で感動を与えたいと主張した。
(C)CWS Brains,LTD.
◆FW岩崎悠人(京都サンガF.C.)

──U-20日本代表に選出されて

「本大会に挑めるということが決まって嬉しかったですし、世界大会を楽しみにしていたので、その気持ちが大きくなりました」

──この大会にワクワクしていることや望んでいることは

「自分の持ち味がどれぐらい通用するのかというところですね。京都のサポーターや家族も応援してくれているので、大会を通して何か感動を与えられたらなと思っています」

──J2で初ゴールも決めて肩の荷が下りた部分はあるか

「そうですね。安心した部分はあるので、これからどんどん勢いに乗ってやっていきたいと思います」

──あのゴールは結構難しかったと思いますが

「無意識だったので本当入ってよかったと思います」

──今日はどうでしたか

「ポストが多いですね。選手権の時から」

──田川享介(サガン鳥栖)とタイプが似ているような中でプレー範囲とかを意識していたか

「結構見ながらやっていました。重なることは少なかったと思いますが、バラバラになっていたところもあったので、もう少し逆の動きで相手を見ながらやっていけたら良かったなと思います。お互い見ながらやろうということは言っていたので、逆に見てくれていたところもあったのかなと思います」

──攻撃自体はバリエーションが少なくなってしまったところもあるか

「そうですね。ただサイドバックが持った時にタイミングよく抜け出したりすることもできたので、それは良かったなと思います。前を向いた時やフリーでボールを持った時にどれだけゴールに迎えるか、そしてそれを最後決めきるかどうかというところはまだまだ突き詰めていかなくてはいけないなと感じました」

──体のキレは良さそうにも見えたが

「コンディション自体は良いですね。あとは結果にこだわってやっていきたいです」