昨季から柏で主力のDF中山雄太、W杯で「成長を感じたい」《U-20W杯》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は12日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に向け、静岡県内のトレーニング施設でトレーニング及びヤマハスタジアムでジュビロ磐田と練習試合を行った。

▽磐田との試合後、DF中山雄太(柏レイソル)がメディア陣のインタビューに応対。昨季から主力としてプレーしていることで本大会で成長を感じたいと主張。また、謙虚な姿勢と共に本大会でのさらなるレベルアップを望んでいる。
(C)CWS Brains,LTD.
◆DF中山雄太(柏レイソル)

──メンバーに選出されて

「選ばれた瞬間は本当にホッとしました。選ばれてここに来ている時にはもうやってやるという気持ちになりました」

──昨季から主力として試合に出場していることは自信になっているか

「出続けることで得られるものは、出てない時よりも違うなというのは感じられました。それは出たからこそ感じられることだと思いますし、試合に出続けることは本当に大事だなと思っています」

──昨日は別メニューでDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)と調整していたがどのようなコミュニケーションをとっていたか

「僕はあまり人見知りをしない方なので、積極的に話したりしました。あとは(波多野)豪とかが初めてだったので、結構コミュニケーションをとるようにしています」

──ここまで意識して取り組んできたことは

「攻撃が特徴なチームだったんですけど、逆に言えば守備が改善点だなというのは感じていたので、対人という部分では準備してきました。そこが通用するようには意識しますけど、レベルアップしたというのを感じられるようにしていきたいですし、大会中も成長できると思うので、しっかりと意識していきたいと思います」

──世界基準で考えた時にアジアからアップデートしなくてはいけない部分があると思うが

「試合に出させていただいていたので、そこでやれたとしても世界に行ってできるのかというのを考えてやってきました。一個一個のプレーを満足せずに追究していくようにはしていました」

──その中で変わったなと思う部分は

「まだまだ満足はできないですけど、対人の部分では自分のやってきたことが結果に出てきたりというのがあったので、まだまだですけど結果も伴ってやってこれたというのは良くなってきたと思います」

──去年よりは十分やれるようになっているように見えるが

「そう言っていただけるのは本当に嬉しいですけど、自分の中ではまだまだだぞと言い聞かせてやっています」