ACL経験のMF三好康児、世界相手に「自分が大きくなっているところを見せていきたい」《U-20W杯》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は12日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に向け、静岡県内のトレーニング施設でトレーニング及びヤマハスタジアムでジュビロ磐田と練習試合を行った。

▽磐田との試合後、MF三好康児(川崎フロンターレ)がメディア陣のインタビューに応対。残り少ない時間の中で個人・チーム共に万全な状態にすることが大事だと主張。また、ACLを含めたここまでの経験をピッチで見せると語った。
(C)CWS Brains,LTD.
◆MF三好康児(川崎フロンターレ)

──一緒に戦うメンバーが決まったが

「メンバーも決まって1人(森島)司の離脱がありましたけど、新たに(高木)彰人も来て全員でこの大会を戦っていこうという気持ちは一つになっているので、もう少ない時間しかありませんし、あとはやるだけだなという感じです」

──今日の磐田戦で意識したことは

「今日はまず、集まってから最初の試合だったので、自分たちがボールを持った中でどういったアクションができるのかというところであったり、個人でどうよりアピールしていくかですね。試合に出るという競争もあって、その中で自分もアピールしていかなくてはいけないので、チームが勝つというところで、個人でやれるところは打開できればなと思います」

──合宿が始まってここまでの自分のプレーは

「まだまだ集まったばかりで、練習もちゃんとしたものができてないですけど、今までやってきたメンバーがほぼなので、連携の部分の確認であったり、ゴール前の精度の部分をもっともっと強めていくことが大事だと思います」

──U-19日本代表のころから意識して取り組んできたことは

「個人としてはやはりチャンスを多く作ることですね。あとは決定機を自分で決めきるという部分。攻撃のところで力を発揮できれば一番良いと思ってますし、その部分をチームでも意識してやってきているので、ゴール前での精度やクロスボール、プレー1つ1つの精度を上げていくことが自分の特徴を出す上で一番大事な部分だと思います。プラスしてこのチームとして守備から入ることもあるので、そういったところでより頭を使って味方が楽になるポジション取りであったり、自分で奪い切る個の強さも見せていけたらなと思います」

──合宿内ではどういったことをやっていきたいか

「試合まであと少ししかないので、チームとしてできることは今までやってきた部分を最終確認していく段階。ここから試合までの間に個人のコンディションであったり、チームとしてのやり方の確認がまず一番だと思うので、ここまで積み上げてきたものをどう自分たちで表現できるかというところですね」

──ACLを経験しているメンバーが少ない中でどうその経験をチームに還元したいか

「そういう経験ができるというのは個人としてすごく成長できることだと思います。海外でやる中で体験できる相手の特徴であったり、日本では味わえない個の部分ですね。それがどう影響するかというのは結局自分のプレー次第でしかないと思います。その経験をしたところで自分がプレーできなければ何も意味がないので、自分がピッチでこういう経験をして自分が大きくなっているんだぞというところを見せていけたらなと思います」