充実の「レッスン機能」で楽しみながら演奏が学べる電子キーボード、ポータトーン「PSR-E363/E263」

写真拡大

気軽に持ち運べるコンパクトなボディに豊富な機能を備えたヤマハの電子キーボード「ポータトーン」シリーズに、楽しく演奏・練習できる機能を搭載した新モデル「PSR-E363」と「PSR-E263」が登場した。こだわりの多彩な音とリアルな伴奏で、初めて鍵盤楽器に触れる人から、演奏を趣味とする大人まで、演奏の楽しさを体感できるモデルだ。

曲線を生かした安心感のある親しみやすい新デザインとなった上位モデルの「PSR-E363」は、音源の改良で音質が向上、同時発音数も48に増えたほか残響効果のリバーブもより臨場感溢れるサウンドにパワーアップ。パイプオルガンなどの音色に最適なリバーブタイプ「カテドラル」を使うと大聖堂の中で弾いたようなリッチな残響が楽しめる。

レッスン機能では、打鍵の強弱を学べる「タッチスタディ」や、弾く鍵盤を音で知らせる「ガイド音」機能を新たに搭載。各レッスンと連動した付属のソングブック(楽譜)は、イラストでの説明により初めてでもわかりやすく、楽しみながら練習できるようサポートする。USBケーブル接続でオーディオデータの送受信に対応したのも大きなトピック。パソコンやタブレットのオーディオをキーボードの内蔵スピーカーから再生し、一緒に演奏することが可能。逆に本体での演奏をデジタル・オーディオとしてパソコンやタブレットに送信、音楽ソフトでデータを加工・編集することもできる。

一方の「PSR-E263」は、コンパクトで使いやすいデザインはそのままに、搭載する音色・スタイルの種類を大幅に追加。ピアノや管楽器などに加え世界各国の民族楽器やパーカッションを含む400種類の音色と、これらを使った高品質な伴奏スタイルを130種搭載。世界の幅広い音楽ジャンルの演奏を楽しめる。また、内蔵曲もビギナーのレッスンに最適な曲目へと大幅に変更。レッスン機能やソングブックとあわせて、憧れの楽曲を楽しく練習することができる。

製品情報
◆PSR-E363
価格:オープン
◆PSR-E263
価格:オープン
発売日:2017年6月1日