もっと幸せになる。心のリミッターを外す3つのヒント

写真拡大

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。
人生をもっと幸せに生きたいけれど、でも仕事も恋愛もなかなかうまくいかない......。もっと幸せをステップアップしたいのに、なんだか停滞している。頑張って成果を出している人ほど、こうした壁にぶつかることもあるのではないでしょうか。こんなときは、「今、壁があるからどうする?」と考えて対処するのではなく、壁に対する根本的な対処を変えていくことが幸せへの近道になります。
今回は、もっと幸せになるための、心の制限の外し方について3つのヒントをお伝えしていきます。
なかなか成功できない場合、自分の能力を低く見積もってない?
なかなか評価されない、成功できない......もっと自分にはきちんと評価される力があるはずなのに。こうしたモヤモヤがある時は、「周囲が認めてくれない」というよりも、「自分がしっかりと、自分の能力や本質を理解していないからこそ、上手に自己アピールできていない」という原因がほとんどです。自分の能力とは、他の人ができないことや他の人が気づかないことを、自然に理解することができ、スムーズに解決に導けることです。例えば、簡単に事務処理ができる。いつも明るく雰囲気を和ませることができる。企画をすっと作ることができる。アイデアが豊富。見落とした部分に気づいて人のサポートに回ることができる。こうした能力があるなら、それをしっかり自覚し、「私はこれができます」「ここは得意です、任せてください」と積極的にアプローチしていいんです。こうして進んで「私はこれができる」という自己アピールを始めると、それを聞いた他人は「○○のことなら、△△さんに頼もう」と認識できるようになります。すると、それがやがて評価と信頼に繋がっていくんですね。
もっと幸せになりたいのに...幸せの基準が低すぎませんか?
たとえば、もっと働いて稼ぎたい。けれど、その会社自体の賃金が平均的なものである。こうした場合、最初から上限があるため、そこにいる限り、「もっとお給料を手に入れる」ということはできません。幸せになりたいのに、そもそも最初から基準が低いところにいるために、そこで苦しんでしまうというパターンです。こうした時は、「そもそも自分がいる環境の幸せの上限」を考え、そこから「本当に幸せになりたい、その基準に合ってる環境」を選び直してみてください。事務職で上限があった女性が、ベンチャー企業の事務+企画業に転職したところ、お給料が2倍近くになったケースもあります。そもそも自分がいる環境を最初から見直すことはとても大切なことです。
もっと評価されていいはずの能力を「必要としている人」に与える
今お腹が空いていない人に「パンがあるよ」と言っても、「大丈夫」と遠慮されることがほとんどですね。けれど、お腹がとても空いている人に、「よければ」と渡すことができれば、「ありがとう!」と心から感謝されます。このように、人は「自分が枯渇していることを与えてくれる人」を求めます。それはどんな分野でもです。優しさを求めない人に優しくしても感謝も評価もありませんが、反対に、とてもしんどい人に少し優しい言葉をかけただけで、価値を感じてもらい、かつ、頼られ、大切に思われることもあります。恋愛などではそうですね。このように、幸せになりたい、もっとステップアップを......と思う時は、自分が誰に対して、どんなことができて、どんな評価をもらえるのかをしっかり見極め、その人に対して働きかけていくことが大切です。こうすることで、同じことをしていても、もっともっと素晴らしい評価や感謝を受け取れるようになり、豊かさも縁も、どんどん拡大していきます。
幸せになるためには、こうして心の制限を外し、「最初から幸せになれる方法」を採用しながら生きることが近道です。これは決してずるいことではなく、限りある命を、最大限発揮しながら生きることと同じです。
今日からほんの少し今までの枠組みから外れ、幸せな未来を手に入れてくださいね。

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む
・許されながら生きていい。タブーを解禁する自分解放術 ・いつでも周りに助けてもらえる人がしている3つのコツ ・「マインドフルネス」で他人にふりまわされない自分を手に入れる

image via shutterstock