イスラエル・エルサレムで、閣議の際に使われた木づち(2003年10月19日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オランダの裁判所は12日、脳腫瘍を患う少年(12)に化学療法を行うよう求めていた父親の訴えを退け、少年が主張していた治療拒否の権利を認める判断を下した。

 ダーフィット(David)という名前のみが明らかになっているこの少年は、昨年11月に脳腫瘍を発症。手術を受けて無事に腫瘍を除去した。裁判所が発表した声明によると、少年は放射線治療を受け、「治った」と判断されたという。

 医師らは術後の治療として化学療法も受けるべきだと勧めたが、ダーフィット君はあらゆる術後療法を拒否し、母親も支持したという。またオランダのメディアによると、ダーフィット君は代替医療による治療を望んでいたという。

 一方、この母親と離婚していた父親の男性は、北部アルクマール(Alkmaar)の裁判所で、地元の児童福祉局に対し、ダーフィット君に強制的に更なる治療を受けさせるよう求める訴えを起こした。

 ダーフィット君は医師らのアドバイスに従わなかったため、児童心理学者らがカウンセリングを実施。ダーフィット君には責任能力が十分にあり、「生きようとする強い意志」に満ちあふれているが、化学療法の副作用が現在の生活の質に影響を与えることを懸念していたという。

 今回の判断について裁判官は、ダーフィット君は父親の心配をきちんと理解していると指摘した上、ダーフィット君自身の意思を尊重しない理由はどこにも見当たらないと結論付けた。
【翻訳編集】AFPBB News