SoftBank向けスマホ「Xperia XZs 602SO」の価格をチェック!

ソフトバンクは12日、SoftBank向けに今夏に発売する「2017年夏モデル」のうちの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)をソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付開始したとお知らせしています。

発売時期は2017年5月下旬以降を予定しており、発売日の前日までにを予約して6月25日(日)までに購入した人全員に「Xperia カバーストア」で利用できる5,000円分のショッピングポイントをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

今回はソフトバンクオンラインショップにて価格が案内されていましたので紹介したいと思います。



Xperia XZsは今年2月にスペイン・バルセロナで開催された家電展示会「MWC 2017」にて発表されたソニーブランドの最新フラッグシップスマホです。

昨冬に発売された「Xperia XZ」をベースに内蔵メモリー(RAM)を4GBに増量し、新たにリアカメラがスーパースローカメラ960fpsや先読みオートフォーカスなどに対応した新開発の積層メモリーセンサー「Motion EYEカメラ」システムを搭載しています。

Motion EYEカメラは、Xperia XZsと同時に発表された最上位モデル「Xperia XZ Premium」と同じもので、レンズも新たに開発されたF2.0で25mmのGレンズを採用したほか、センサーの画素数がXperia XZの約2300万画素から約1900万画素に減ったことで1画素のサイズが19%大きくなった1.22μmとなっているため、暗い場所でもより明るく撮影できるようになっています。

またSoftBank向けではおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応するほか、高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」に対応し、当初海外で発表されたブラックおよびウォームシルバー、アイスブルーに加えて、シトラスを追加した合計4色展開となっています。その他の詳細な製品情報は「ソフトバンク、SoftBank向けにソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZs 602SO」を発表!4GB RAMになり、Motion Eyeカメラ搭載でスーパースローモーションや先読み撮影が可能に - S-MAX」を参照してください。

今回、ソフトバンクオンラインショップで案内されている価格(税込)は以下の通り。Xperia XZの発売時の価格と比べると本体価格は若干下がったものの、新規契約および機種変更では月月割も少なくなり、実質負担額では高くなっています。一方、他社から乗り換え(MNP)では実質負担額も同額に。

・新規契約、機種変更
 本体価格:87,840円(分割3,660円/月×24回)
 月月割:-1,780円/月×24回(総額-42,720円)
 実質負担額:45,120円(分割1,880円/月×24回)

・他社から乗り換え(MNP)
 本体価格:87,840円(分割3,660円/月×24回)
 月月割:-3,210円/月×24回(総額-77,040円)
 実質負担額:10,800円(分割450円/月×24回)



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia XZs 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia XZs(エクスペリア エックスゼットエス) | 購入機種をさがす | オンラインショップ | ソフトバンク