まだ合コンで出会い求めてるの?これからの出会いが“BBQ”で決まりな3つの理由

写真拡大

プライベート大学恋愛学部のユウキです。
薄着で外に出掛けられる気持ちの良いシーズンになってきましたね!

最近、「出会いがない」という相談を男女ともに頂くことが増えました。
その時に私がオススメしているのが、バーベキューです。
合コンのように形式的ではなく、ラフな感じで大人数の異性に接することができる 良いイベントです。

今回はバーベキューにおけるポイントについて書いていきます。

●(1)固くない雰囲気

『合コンに比べてバーベキューは、上手く話せなかったらどうしようと気負いせずに済みます。』(28歳/SE)

「出会いは欲しいけど、合コンは好きじゃない」って感じたことはありませんか?
固定されたテーブルで、楽しくても楽しくなくてもその場にいなければいけない義務感って辛いですよね。

バーベキューなら、指定された場所はありません!
違うと感じたら移動して、好きなものを飲んで、好きなものを食べることができます。
お店だと、出てくる料理やお酒を待たなければいけないので、それらができません。

この自由さが雰囲気を緩めてくれる要因のひとつです。

●(2)広いスペース

『バーベキューを抜け出して、景色を見ながら2人で話したことによって、印象が変わった。』(28歳/マーケティング)

気になる相手を見つけた時に関係性を深めるチャンスがあることもバーベキューの魅力です。
広い会場で人数もいれば、少しの散歩で抜け出したとしても目立ちません。

その散歩が10分ぐらいのお試しデートの場として使えるので、そこで次に繋がりそうか吟味する ことが可能です。
屋外というスペースを存分に利用して、2人きりの空間づくりをしていきましょう。

●(3)共同作業

『一緒に作業してると、その人の性格がすごく分かる。あと自然と仲良くなれるしいいね』(28歳/広告)

会話が苦手、何の話を振れば良いかわからないということがバーベキューでは起きにくいです。
それは一緒に作業をしていく上で、必ず話すタイミングが出てくるからです。

食材の扱い方について、飲み物を何にするかについて、話題の導入部分には事欠きません。
その中で大事なことは、表情や話し方、そして気が利くかどうか というポイントです。

会話の内容が生まれやすい分、このポイントが他の人との差別化になってきます。

----------

また、友達の友達という信頼性のあるイベントなので、恋愛として成立する確率もより高まります。
今年はフットワーク軽く、外でのイベントに顔を出してみましょう。

良い夏を過ごすためには、今が大事です。

●ライター/ユウキ(プライベート大学恋愛学部教授)