「つるピカハゲ丸」のイラストで40周年をお祝い! のむらしんぼ

写真拡大

 少年誌コロコロコミック40周年を記念して東京スカイツリーにてオープンする「コロコロコミック伝説(レジェンド)カフェ 〜40th ANNIVERSARY〜」の取材&試食会が12日に行われ、コロコロゆかりの漫画家である、のむらしんぼ、曽山一寿、樫本学ヴ、森多ヒロ、松本しげのぶ、沢田ユキオ、たかはしひでやす、永井ゆうじ、吉もと誠が集結した。

 累計発行部数4億冊を誇る月刊コロコロコミックが、4月15日発売の5月号で創刊40周年を迎えた。「とどろけ! 一番」「つるピカハゲ丸」などで知られるのむらは、「初めてスカイツリーに来た」と苦笑しながら、漫画人生を振り返り「ずっと原稿に追われているので、漫画は楽しいけれど苦しいほうが多いかな。いまも次のネームに追われているし。でも、喉元過ぎれば楽しいという気持ちになる」と率直な胸の内を明かした。

 のむらは現在、青年漫画雑誌「コロコロアニキ」で「コロコロコミック」の歴史と自身の漫画人生を絡めた漫画「コロコロ創刊伝説」を連載中。「出版不況と言われている昨今ですが、コロコロ本誌と共に、僕の『創刊伝説』もよろしくお願いします」と自身の作品をアピールしていた。

 一方、「なんと でんぢゃらす じーさん」などの曽山は「僕は樫本先生や、のむら先生の漫画にはまっていた世代なので、こういうイベントでご一緒すると、番組観覧に来た気分なんです」と語りかけ、のむらも「なんか、すごいいい奴だな〜」と笑顔を見せていた。

 「コロコロコミック伝説(レジェンド)カフェ」は、40周年を記念する第1弾企画としてオープンするもので、東京ソラマチにて5月13日(土)から9月3日(日)までオープン(10時〜22時)。メニューには「肉なし?つるセコ豆腐ハンバーグカレー」や「ジバニャンのポークストニャガヌフ」「ピカチュウ、キミにきめた! こっち向いてよカボチャパスタ」「100%パスカル先生のマンゴー65%スムージー〜授業編〜」など個性的な名称の料理やデザートが並ぶ。(磯部正和)