金秀南氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が12日、検察のトップ、金秀南(キム・スナム)検事総長の辞表を受理した。

 金氏の任期は今年12月までだが、新政権の発足に合わせ、文大統領が検察改革に総力を挙げられるよう、辞意を固めたとされる。
 文大統領は「新政権の負担になりたくないという金総長の辞意表明を尊重する」と述べた。
 大統領選の選挙期間から文大統領は検察改革に強い意欲を示しており、強力な権限を持ち政治に関与することもあった検察に大なたを振るう方針だ。
sarangni@yna.co.kr