この気楽さが良い。

ソニーとマーベルのタッグで生まれる実写映画新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』の新しい予告編が公開されました。

結構長めな本編映像が入っていますので、ネタバレが気になる方はお気をつけ下さい。

こちらはMTVのTwitterアカウントがアップロードした動画。

スパイダーマン/ピーター・パーカーがメイおばさんにバレないようにこっそり帰宅すると、そこにはデススターのレゴを一緒に完成させようと約束していた友人のネッド・リーズがいてびっくり。窓を足で閉じるあたりが楽しいシーンです。

ネッドはピーターが「YouTubeで話題のスパイダーマン」だという事を知り大興奮。ネッドの「アベンジャーズのメンバーなの?」という質問に対し、「まぁね」と返すピーター。まだアベンジャーズには迎え入れられてないはずですが、こうやってちょっと見栄をはっちゃうあたりが可愛い。

そして場面は変わって学校に。おそらく何かのトラブルでスパイダーマンとして出動しなければならなくなるも、友人のミシェルに「何を隠してるの」と疑われるも、冗談で一安心というシーン。

ちなみに今回の映画にピーターの恋人であるメリー・ジェーンが登場するかは不明です。ミシェルというキャラクターが恋人になるのかもわかりませんが、メリー・ジェーンとは別人かつメインキャラクターの1人であることは確実な様子。

コミックでミシェルと言うと、一時期ピーターのルームメイトであったミシェル・ゴンザレスというキャラクターを彷彿とさせますが、大人になってから出会うキャラクターですし、今明らかになっている情報からは共通点が見いだせないので、単に名前が同じだけかもしれません。

とにかく今までの映画版スパイダーマンとは違って、陽気な友人たちにも囲まれて、スパイダーマンとしての苦労は絶えないにせよ、楽しい学園生活を送っていそうなピーター・パーカー。

親友のネッドは今までの映画のようにグリーン・ゴブリンにはならなそうだし、スパイダーマンの正体を知った上で一緒に調子に乗って遊んでくれる(そしてヒーロー活動を助ける?)かけがえのない仲間になりそうで、ストーリーは全体的に明るい作りになるのではないでしょうか。

ヒーローの悲劇的な過去や孤独な戦い、そしてヒーロー活動と私生活の両立などとはまた描き方の違う、新しいスパイダーマン像が見られそうで本当に楽しみです。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー。

・映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告編を分析:もしかして新ドラマにも繋がる?

image: © 2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved. via Twitter
source: Twitter

(傭兵ペンギン)