BMW、7モデルのプラグイン・ハイブリッド・モデルを対象に、2017年度のクリーンエネルギー補助金額が決定


ビー・エム・ダブリューは、単一自動車メーカーとして最も豊富なラインナップとなる、7モデルのプラグイン・ハイブリッド・モデルを日本市場で販売し、これらのモデルを対象とする、2017年度のクリーンエネルギー補助金額が決定した。


2007年、持続可能なモビリティ・ソリューションを提案するBMWグループの社内シンクタンクである「プロジェクトi」が発足。2013年には、そのプロジェクトの成果の一環として、BMWのサブ・ブランドの「BMW i」から、電動化技術「eDrive(イー・ドライブ)」を搭載した電気自動車「BMW i3」およびプラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カー「BMW i8」を発表した。BMW iの製品やサービスは、量販車初の炭素繊維ボディ採用など試みの実現は図るべく専用の設計、開発、企画、生産、販売を採用し、今までにない持続可能なプレミアム・モビリティを実現するという手法を採用している。


2015年9月 BMW iに初搭載された電動化技術「eDrive」を採用したBMWコア・ブランド初のプラグイン・ハイブリッド・モデル「BMW X5 xDrive40e iPerformance」を導入。


2016年春 BMWの量販モデルのプラグイン・ハイブリッド・モデルである「BMW 330e iPerformance」、「BMW 225xe iPerformance Active Tourer」を導入し、2016年秋には、フラッグシップ・モデルであるBMW 7シリーズのプラグイン・ハイブリッド・モデル「BMW 740e iPerformance」を追加。


2017年 「BMW 530e iPerformance」を発売し、さらに、MINIブランド初のプラグイン・ハイブリッド・モデル「MINI Cooper S E Crossover ALL4」、BMW Motorrad初の電動スクーター「BMW C evolution」の販売も開始。


BMWグループは、プラグイン・ハイブリッド・モデルのグローバルにおける2017年の販売目標を100,000台以上に設定し、2025年にはグループ全体の販売台数に占めるプラグイン・ハイブリッド・モデルの割合は15%〜20%になると想定している。


電動化技術「eDrive」を搭載したBMWグループのプラグイン・ハイブリッド・モデルは、ゼロ・エミッション走行による優れた環境性能だけでなく、卓越した運動性能も実現している。プラグイン・ハイブリッド・モデルは、戦略的な価格設定を実施し、量販価格帯に導入することで、CO2排出量の低減に貢献し、BMWグループの経営方針「持続可能なモビリティの実現」を目指している。

【ギャラリー】BMW Plugin Hybrid19

BMWグループ プラグイン・ハイブリッド・モデル 希望小売価格(消費税込み)2017年度クリーンエネルギー自動車補助金

モデル

希望小売価格

2017年度補助金

BMW 225xe iPerformance Active Tourer

¥ 5,160,000

¥ 200,000

BMW 225xe iPerformance Active Tourer

¥ 5,370,000

BMW 330e iPerformance

¥ 5,790,000

BMW 330e iPerformance Sport

¥ 6,020,000

BMW 330e iPerformance Luxury

¥ 6,220,000

BMW 330e iPerformance M Sport

¥ 6,240,000

BMW 530e iPerformance Luxury

¥ 7,780,000

BMW 530e iPerformance M Sport

¥ 8,030,000

BMW 740e iPerformance

¥ 11,920,000

BMW 740e iPerformance M Sport

¥ 12,630,000

BMW X5 xDrive40e iPerformance

¥ 9,680,000

BMW X5 xDrive40e iPerformance xLine

¥ 10,300,000

BMW X5 xDrive40e iPerformance M Sport

¥ 10,300,000

BMW i8

¥ 20,290,000

MINI Cooper S E Crossover ALL4

¥ 4,790,000


■BMW Japan 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/ja/index.html