交通違反の反則金、コンビニで分納可能に  利便性向上へ/台湾

写真拡大

(台北 12日 中央社)交通部公路総局は12日、一部交通違反の反則金について、コンビニエンスストアでの分納が可能になると発表した。反則金納付の利便性向上がねらい。15日に施行される。

分納を受け付けるのはセブン-イレブン(統一超商)とファミリーマート(全家便利商店)。ハイライフ(莱爾富)とOKマート(OK超商)の2社は半年後の開始を予定している。

分納希望者はまず各処罰機関で申請をする必要がある。1期あたりの納付金額は500台湾元(約1882円)以上に限定され、最大18回まで分割可能。

(陳葦庭/編集:名切千絵)