浦和レッズの関根貴大選手にインタビュー

写真拡大

浦和レッズの若手プレーヤーとして注目を集める関根貴大選手に今シーズンの展望、浦和レッズというクラブの魅力、そして彼の夢を聞いてみた。

【写真を見る】ドリブル、スピードに定評のある関根選手のトレーニングシーン

――関根選手が着用するマーキュリーアルのテーマは、「スピードで相手を圧倒するキミに」。極限まで研ぎ澄まされた構造が生み出す、爆発的なスピードをもたらすスパイクですが、ご自身のプレースタイルにマッチする点は? どういった点がご自身のプレーを支えていると感じますか?

「自分はウイングバックの選手なので、走りを助けてくれるスパイクだと感じています。また、ドリブラーが履いているイメージがあるので、自分の特徴でもあるドリブルやスピードを引き出すスパイクです」

――今シーズンはチーム、個人にとってどんなシーズンにしたいですか?

「ひとつでも多くのタイトルを取ること。最低でもタイトルを2つ獲得したいと思います。個人としては、10ゴール10アシストは記録したい。最低でもアシストは達成したい記録です」

――ウォーカーの読者に向けて、浦和レッズの魅力を教えていただければと思います。

「日本で一番のゴール前でつなぐ、試合でも相手を崩してゴールを取る美しいサッカーが魅力のチームです」

――今シーズンの浦和レッズはどんなチームですか? また、浦和という街の魅力についても教えてください。

「街を歩いていても常に浦和レッズを感じるような、サッカー熱を感じる街ですね。あとは、うなぎが有名です(笑)。おすすめスポットはコクーン(シティ)です」

――オフのときのリラックス方法を教えてください。お気に入りのお出かけスポットなどもあれば。

「オフのときは、よくゴルフに行ってます」

――関根選手が目標とする選手は?

「平川(忠亮)選手です。ストイックで、常に自分のコンデイションを整えている、そのプロフェッショナルな姿を尊敬しています。海外の選手で好きな選手はトニ・クロース。自分にできないことをできる選手が好きです」

――関根選手のサッカー選手としての夢を教えてください。

「夢は、日本代表になってワールドカップに出場することです」

彼のプレーを見に、ぜひスタジアムに足を運んでほしい。【ウォーカープラス編集部/浅野祐介】