セカンドボールに反応して左足を一閃。GKにはどうしようもない見事な一発だった。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 Jリーグが12日、4月の月間ベストゴールを発表した。選ばれたのは、J1リーグ8節・鹿島対磐田で生まれた中村俊輔の鮮烈ミドルだ。
 
 得意の左足でエリア外から突き刺した豪快なゴールを、Jリーグ選考委員会は「ゴールのあらゆる魅力を表現したワールドクラスのゴール」と絶賛した。
 
 中村はJリーグを通して以下のようにコメントしている。
 
「数々の素晴らしいゴールがある中で、自分のゴールを評価して頂いたことは嬉しく思います。観ている方に楽しんで頂けるようなプレーを心掛け、Jリーグを盛り上げていけるように日々精進し、この賞に恥じないようにこれからもプレーしていきたいと思います。ありがとうございました」
 
 なお、月間ベストゴールに選ばれたゴールは、12月のJリーグアウォーズで発表される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。