[NAB2017:ソリトンシステムズ]小型H.265モバイルエンコーダSmart-telecaster Zao-Sを展示

写真拡大 (全8枚)

ソリトンシステムズはLAN通信のためのハードウェアやソフトウェアを手がけているが、映像伝送システムを10年ほど前に開発し、製品を世に送り出してきた。今回のNABではより小型軽量化を図ったモバイル画像伝送装置Smart-telecaster Zao-Sを出品した。Smart-telecaster Zao-Sは2017年3月に発表になったもので、H.265のハードウェアエンコーダを搭載しており、モバイル回線を3回線束ねることでHD-SDI、HDMI両方の入力映像をワイヤレスで伝送可能。

Smart-telecaster Zao-Sは内蔵バッテリーで約60分使用可能で外部バッテリーを併用して長時間の伝送も可能。Smart-telecasterに比べて体積で40%以下の小型化が達成されている。重量は約350g

会場では新製品であるSmart-telecaster Zao-Sのほか、先に発売されたSmart-telecaster ZaoやPCやスマホなどにインストールして使うソフトウェアベースのSmart-telecasterなどが出展されデモンストレーションが行われていた。

Smart-telecaster Zao-Sには最大3回線までの3GやLTEの利用が可能で、映像入力はHDMIとHD-SDIに対応しているSmart-telecaster Zao-Sのディスプレイ。入力画像の表示や伝送速度、バッテリー残量などの表示が可能Smart-telecaster Zao-Sを専用のショルダーバッグに収納。上部には各キャリアのモデムの収納が、下部には外部バッテリーなどの収納が可能専用ショルダーバッグに収納したSmart-telecaster Zao-S。小型軽量なので腰のベルトやカメラに直接装着することも可能送信された画像の確認や伝送の速度などを確認できるSmart-telecaster HD Viewすでに発売となっているSmart-telecaster Zaoも映像コーデックとしてH.265、音声コーデックとしてVorbisを採用。さらに高品質なライブ中継が可能となっているSmart-telecaster Zaoは最大7回線のモデムに対応しており、3GやLTE、船や飛行機から映像伝送する場合はインマルサットBGANなどのキャリアも利用可能。GPSと連動して撮影者の位置の特定も行える