クーペ・カブリオレ・5ドアハッチと3ボディで展開

2ドアの「クーペ」、オープンボディの「カブリオレ」、5ドアハッチバッククーペ「グランクーペ」という3つのボディタイプを持つBMW4シリーズがマイナーチェンジを受け、5月9日に発売された。

エクステリアには新世代のヘキサゴナルデザインを採用したデイタイムライト機能付きLEDヘッドライトとLEDテールランプを新たに採用。インテリアにはマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルと、205W・9スピーカーのHiFiスピーカーシステムを標準装備し、内外装の質感を高めている。

エンジンおよびグレードは、184馬力/270N・mの2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを搭載する「420i」、252馬力/350N・mの2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを搭載する「430i」、326馬力/450N・mの3リッター直6直噴ガソリンターボエンジンを搭載する「440i」が用意され、いずれも8速ATを組み合わせる。

なお、「クーペ」と「グランクーペ」では全グレードが選択可能で、さらに「420iグランクーペ」には4WD車「420i Xドライブ グランクーペ」が用意されるが、「カブリオレ」は440iのみの設定となっている。価格は5,730,000〜9,470,000円。