11日、米華字ニュースサイト多維新聞は韓国の第19代大統領に就任した文在寅氏について「外交手腕は未知数だ」と指摘した。写真は釜山の慰安婦像。

写真拡大

2017年5月11日、米華字ニュースサイト多維新聞は韓国の第19代大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏について「外交手腕は未知数だ」と指摘した。

韓国は朴槿恵(パク・クネ)前大統領のスキャンダルを受け、半年以上も政権トップの空白状態が続いていた。この間、北朝鮮は核実験を強行し、弾道ミサイルを発射。朝鮮半島情勢はさらに緊迫化した。北朝鮮への圧力で日本、中国、米国は足並みをそろえ、協議を重ねて緊密な連携を確認した。しかし、韓国がこれらの場で自らの意見を発表する機会は限られた。

文大統領の就任は、トップ不在の空白の終了を示すだけでなく、外交上で強気に打って出る機会を得たことを意味する。韓国・聯合ニュースが「文氏の当選は第1歩に過ぎない」と伝えたように、外交、内政とも厳しい試練にさらされるだろう。まずは組閣が最初の腕の見せどころとなる。与野党と調整し、初期の政権運営をうまくできるだろうか。日本メディアは「与野党の溝は大きく難しい」と予想している。

さらに、文氏の左翼的な思想も日米を不安がらせている。北朝鮮問題では「すぐにでも平壌へ行く用意がある」と表明。対話路線を貫く姿勢を明確にした。日本メディアは「最大の懸念は外交政策だ」と指摘。北朝鮮問題だけでなく、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)への対応も注目される。(翻訳・編集/大宮)