「歯周病を予防しましょう」ってよく聞くけれど、実際は自分が歯周病かどうかもよくわからず、口臭予防や虫歯予防に目が向く人が多いようです。しかし実際は成人の8割が歯周病に罹患してるとされ、誰もが歯周病対策を行うべきなのです。今回は最新の歯周病予防の方法である「3DS除菌療法」についてご紹介します。

成人の約8割が歯周病という現実

歯周病というと中高年がかかる病気で、若いうちは関係ないと思いがちです。しかし、厚生労働省が行った調査では成人(30歳〜64歳)の約8割が歯周病にかかっているという結果が出ています。10代・20代の若年層にも歯周病にかかっている人が多くみられ、さらには小中学校の歯科検診においても、歯周病と判定される子供たちが増えているという報告もあるのです。実は歯周病は日本人の国民病ともいえる病気で他人事などではなく、今すぐにでも予防を始めるべき。

歯周病の怖さは口内に留まらず全身にも!

歯周病とは、口内の細菌感染によって歯茎や歯を構成する歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨の歯周組織が破壊されてしまう病気です。初期段階ではほとんど自覚症状がなく、歯茎に赤みや腫れ・出血が見られる歯肉炎、歯と歯茎の境目の歯周ポケットが深くなり、歯槽骨まで炎症が広がる歯周炎と進行していき、気づいた頃には歯を失ってしまうという怖い病気。歯を失うだけでなく、歯周病菌は全身に慢性炎症を引き起こします。糖尿病・脳疾患・心疾患・高血圧にも深く関係していることが明らかになっているのです。

1日1回のマウスピース装着で歯周病菌を殺菌

歯周病菌は大人のほとんどが持っているといっても過言ではありません。毎日歯みがきをしていても、菌を完璧に除去するのは困難で、正しく磨けていない場合はなおさら菌を減らすのは難しいのです。歯と歯の間の歯間ケアが重要ですが、最新の予防法として歯茎に殺菌薬を長く作用させて歯周病を予防する3DSというマウスピースが開発されました。上下の歯型を取ってマウスピースを作り、そこに殺菌作用のある薬剤を注入し、5分間装着します。1日1回毎日続けることで、歯周病の予防・歯茎の炎症を抑えることが可能です。保険外診療で3〜5万円程度、保険診療で行っている歯科もあるそうです。

3DSを用いた治療は、まだ一部の歯科でしか行われていませんが、今後どんどん普及してくると思われます。歯周病で歯を失ってからインプラントや入れ歯の治療をすることを考えれば、自分の歯が健康なうちにケアをすることは高くはないのかもしれませんね。


writer:しゃけごはん