男らしさの象徴ともいえる顔ヒゲ。最近は男性のような顔ヒゲに悩む女性が増えているんです。太い毛が1〜2本生えてきたり、あるいは広範囲でヒゲが生えてきてしまうこともあるのだそう。女性が男性化してきている?その真相を探ってみましょう。

男らしさと女らしさ

人間は男として生まれれば、骨格が太く筋肉が発達したたくましい体つきに、女として生まれれば、しなやかでやわらかい体つきとなっていきます。この違いは、男性ホルモンと女性ホルモンの働きによるものです。男性ホルモンは体を筋肉質にするほか、体毛を濃くして、判断力や決断力を促すなど精神面でも影響を与えます。

それに対し、女性ホルモンには出産を準備するために生理周期をおこすという、大事な働きがあり、さらに髪を豊かにし肌ツヤを良くし、自律神経を安定させる働きなどもあります。男性ホルモンと女性ホルモン、どちらも健康を維持していく上で欠かせないホルモンです。そのため男女の性別に関係なく、男性ホルモンと女性ホルモンの両方が分泌されています。ただし男性では男性ホルモンの方が、女性では女性ホルモンの分泌量の方が多いのです。

ヒゲは男性ホルモンの影響が強く出てしまうのが原因

女性の体内で分泌される男性ホルモンの量は、男性の10分の1と言われています。女性は本来、女性ホルモンの働きが優位にあります。しかし最近では、男性ホルモンの働きが強くなってしまう女性が増えているそうです。その一番の原因とされているのがストレスや疲労。女性ホルモンはストレスに弱いホルモンであり、ストレスがかかるとホルモンバランスが崩れ、分泌量が減ってしまうことがあります。

社会生活においては、男性と同じ立場に並ぶことが多くなりました。ストレスから自律神経が乱れ、睡眠不足や疲労などが重なると、女性ホルモンのバランスを崩しやすくなります。そのかわりに男性ホルモンが優位となることがあり、女性でも体毛が濃くなりヒゲが目立つようになる、または薄毛が起こることもあります。

自律神経を整えて、女性ホルモンの分泌を促しましょう

濃いヒゲや体毛が気になり出したら、女性ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの影響が強く出てしまっている可能性があります。女性ホルモン優位の体に戻すには、なるべく休養をとってストレスを除き、自律神経を整えることが一番です。そして基本的なことですが、生活習慣を見直し、食事や睡眠をきちんと取ることも、女性ホルモンの分泌を増やすことにつながります。

女性ホルモンは天然の美容液といわれますが、それは女性をキレイに魅力的にする働きがあるからです。その分泌量は、一生涯でティースプーン1杯分。もしあなたの女性ホルモン分泌量が減ってしまっているのだったら、なんとも残念なことです。女性ホルモンの分泌を増やし、その力を最大限に生かして女性らしさに磨きをかけましょう。


writer:Akina