婦人科で検診や受診をした際に「子宮後屈(しきゅうこうくつ)ですね」と言われたものの、特に説明をされなくて「病気なのかな」「妊娠しにくいのかな」と不安になる女性が増えているようです。そこで子宮後屈について調べてみました。

子宮の位置や形にも個人差がある

女性の膣の先には子宮の入口である子宮口があり、その先に子宮があります。子宮は一般的に骨盤の真ん中にあり、おへそ側(膀胱側)に傾いていて、大きめの卵くらいの大きさといわれています。しかし、大きさや形、位置、角度には個人差があって、すべての女性が同じではないのです。

子宮後屈とはどんな状態なのか

子宮の傾きは大きく分けると二種類で、おへそ側(膀胱側)に傾いているのを前屈、逆に腰側(腸側)に傾いているのを後屈といいます。子宮後屈はこの腰側に傾いている状態を指し、決して病気ではありません。女性の2割くらいに「後傾」が見られ、先天的なものと骨盤腹膜炎や子宮内膜症による後天的なものがあるとされます。後天的な子宮後屈は子宮が腸や他の器官と癒着を起こしている場合があるため、腹痛や腰痛、不妊の原因となることもあるようなので注意が必要です。昔は子宮後屈は不妊の原因とされ、位置を治す手術をしたそうですが、現在は位置を治すための治療はほとんどなく、原因となる病気がある場合は病気の治療をします。

子宮後屈で起こる可能性のあること

子宮が後屈している場合、月経血が子宮に溜まりやすく押し出されにくいので、生理の日数が長くなったり、途中で一度出血が止まったのにまたダラダラ出血するといった傾向が報告されています。後屈の度合いが強いと、骨盤内の血管を圧迫してしまい血流が悪くなることで腰痛が起こりやすく、子宮が充血すると腸周辺を圧迫するため、生理中やセックスのあとに膣回りから肛門・腸にかけて圧痛が起こるといったこともあるそうです。

逆に便秘になると生理痛のように痛くなったり、排便痛が起こることも。子宮内膜症が原因の場合は生理痛が酷く、早めの治療が必要になります。先天性の場合は酷い生理痛の原因にはならないとされていますが、実際は重い生理痛に悩む人も少なくないようです。

子宮後屈って治せるの?

先天的な子宮後屈は特に治療の必要もなく、出産も普通にできます。妊活の際には後屈が強いと体位によっては痛みを感じたり、精子がうまく子宮に到達できないことがあるため、工夫が必要な場合もあります。気になる場合は整体等で骨盤の調整をすることで位置が変わることもあるようですが、後屈が前屈になるかというとそれは難しいそうです。逆にお産で子宮の位置が変化することはあるといいます。子宮内膜症や骨盤内の癒着が原因の後屈は、生理痛や不妊にかかわるため癒着をはがす手術が行われることもあるようです。

子宮後屈は病気ではありませんが、子宮内膜症などの病気が潜んでいる場合もあるので、月経過多や生理痛が酷い場合には婦人科を受診してみると自分の子宮の傾きについて知ることができるかもしれません。


writer:しゃけごはん