友達や恋人、仕事相手と円滑なコミュニケーションを図るには、一人ひとりがコミュニケーションスキルを身につけておく必要があります。しかしメールが主流の時代になり会話が苦手という人が増えているようです。特に、何を話していいかわからず、会話が沈黙しがちな人は、自分にはコミュニケーション能力がないと思いがちですが、意外と自分自身で会話を沈黙へと追い込んでしまっていることが多々あります。そこで、ここでは会話で沈黙しがちな人3つの共通点をご紹介。この3ポイントを克服して、会話を楽しんでみませんか?

1.聞き役に徹しがちで質問しない

会話で沈黙しがちな人は、聞き役に徹しがち。それは悪いことではなくむしろ長所です。うまく相手に合わせてあげれば相手が沢山話してくれるでしょう。しかしやはり会話はキャッチボール。相手も一方的に話していると、つまらなくなってきたり、申し訳なく感じたりしているのです。そして訪れる沈黙。沈黙は悪くありませんが、うまく質問を織り込みましょう。相手も聞き返してくれるはず。そうすれば会話のキャッチボールが成立します。

2.リアクション・相槌が薄い

会話が苦手な人はリアクションや相槌が薄く、相手の会話のテンションを下げている可能性があります。しっかり聞いて、うなずいたり、笑ったり、質問したりをすることで、相手もちゃんと聞いてくれることが確認できるのです。会話を円滑にするためにはある程度の相槌・リアクションは必須。わざとらしいのも当然NGですが、相手の話に興味を持って反応してあげるようにしましょう。

3.クローズドクエステョンばかりしている

会話が苦手な人は会話がすぐに完結してしまう「クローズドクエスチョン」を用いがち。クローズドクエスチョンとはイエスかノー、AかBかで答えられる、回答に制限を設けた質問のことです。逆に制限を設けず自由に答えられる質問のことを「オープンクエスチョン」といいます。例えば、「美味しい?」と聞いても「美味しい」「美味しくない」と回答になりがちですが、「どんな感じ?」と聞けば「柔らかくて、少し酸味が効いてて、甘酸っぱくて美味しいよ、◯◯みたいな感じ」と回答にもバリエーションが出て、そのバリエーションからまた会話が新しく生まれます。これがオープンクエスチョン。

クローズドクエスチョンばかりで相手に質問をしていると、相手はよほど饒舌でもない限りほぼ返答のみで回答してきます。つまり話が広がらず会話の沈黙が発生しやすくなってしまうわけです。会話を盛り上げたいのなら、なるべくオープンクエスチョンを使いましょう。


writer:サプリ編集部