写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サムライズは、Web担当者がいない中小企業向け「WEBコンサルティングサービス」を提供開始した。

昨今、企業活動の1つとして、自社Webサイトの利活用が活発に行われている中、今まで消極的と言われていた中小企業でも、自社Webサイトやソーシャルメディアの活用が定着しつつあるという。一方で、「Webサイトは持っているけど担当者がいない」、「Webサイトは活用したいが、何から手をつけていいかわからない」といった意見も多数あるという。

そこで同社では、新たな顧客向けサービスとして、「WEBコンサルティングサービス」の立ち上げを発表。企業向けに、専門のWEBコンサルタントが、ホームページの活用方法を考え、改善するサービスだ。

具体的には、顧客企業のWebサイトを活用し、顧客情報(メールアドレスなど)を取得したり、キャンペーンの告知をしたり、自社商品の認知度向上(ブランディング)から、ホームページの再開発(リニューアル)の相談まで、中小企業のホームページに関する問題を支援する。

提供価格は要問い合わせ。

(山本明日美)