ダイエットをしていると必ず訪れる停滞期。ダイエットで体重が順調に減少していた中、急に体重が減少しなくなり、それでやる気がなくなって脱落なんてことも。それがまさに停滞期です。停滞期は身体のある機能によって急に体重が減りづらくなるもので、まさにダイエットの天敵とされますが、この停滞期を回避するテクニックというものもあります。それが「チートデイ」。チートデイを活用すれば停滞期も乗り越えられるのです。

停滞期の正体についておさらい

まず停滞期の正体を知っておきましょう。停滞期とは身体の恒常性を維持する働きの中で発生する、いわゆる痩せない期間のこと。身体は食事からの栄養素が枯渇した状態が継続することにより、自身の生命維持を優先させ、栄養素が少ない状態でも長期間活動できるように機能します。すると必然と身体は省エネルギーモードとなり、脂肪が燃焼しにくい状態となってしまうわけです。更に栄養素が枯渇した身体は長期間活動するためのエネルギーを確保するため、通常以上に脂肪を蓄えようと機能します。この脂肪が燃焼しづらく、脂肪として蓄積されやすい状態が自動的に作られ、今までどおりのことをしていては体重が減らないのが停滞期。ではこの停滞期から脱出できるテクニック「チートデイ」について見ていきましょう。

大量にカロリーを摂取する「チートデイ」

停滞期を脱出するには、栄養素が十分確保されていると身体を騙すほかありません。この身体を騙す行為がまさに「チートデイ」といわれるものです。チートデイとは一週間〜10日程度に一度、大量にカロリーを摂取することで、身体を停滞期とさせないテクニックのこと。長期間ダイエットを行っている方にとっては、久しぶりにたっぷりと食事が摂れますから、願ってもないテクニックなのではないでしょうか。

チートデイを行う上での注意

チートデイを行うなら、必ず一日で終わらせることと、中途半端な量を食べないということが重要です。人は誰しも食事を満腹食べられる快感を覚えると、それ以降も食事の誘惑を抑えにくいものです。しかし中途半端な量しか食べていないと、十分な栄養素が補給されていると身体を騙すことができません。確かなチートデイの効果を得るためにも、チートデイと決めた日は通常の摂取カロリーの3倍は食べておきたいのです。以上の注意点に配慮した上で停滞期を脱出できるテクニック「チートデイ」を実践してみてはいかがでしょうか。これで「そろそろ省エネモード」と体が自然に停滞期を作り出しても、それを「大丈夫、まだ痩せていいよ」とコントロールしてあげることができますよ。


writer:サプリ編集部