9日、チャイナフォトプレスによると、中国河南省鄭州市を流れる黄河の川岸に、砂のアート作品が数多く作られている。

写真拡大

2017年5月9日、チャイナフォトプレスによると、中国河南省鄭州市を流れる黄河の川岸に、砂のアート作品が数多く作られている。その精巧さは目を見張るばかりだが、完成当初の姿を残している砂像は一つもないようだ。

【その他の写真】

記事によると、この「砂像パーク」がお目見えしたのは昨年のこと。当時、鄭州市には砂像ブームが巻き起こり、大勢の市民が見学に訪れた。ただ、その後は放置されてどの作品も所々が崩壊。風雨によるダメージだけでなく、人為的な原因もあったという。(翻訳・編集/野谷)