newproduct_20170512_phaseonedrone_I.jpg

写真拡大

ソリューションキットとレンズを含み税別3,773,200円から / 5月11日発売

Phase One 航空撮影カメラシステム

主な特長

  • DJIの「M600」、「M600 Pro」に完全対応
  • さまざまな航空撮影アプリケーションに適合

Phase Oneは、DJIの「M600」、「M600 Pro」とPhase Oneの「iXU」、「iXU-RS」を一体化させることができる「航空撮影カメラシステム」を発表した。難しい設定を排除し、組み立て、接続するだけですぐに使用が可能。1億画素、および 5000万画素の測量・航空撮影カメラシステムだ。ドローン搭載に最適な1.25kgの小型軽量設計。振動や気温・気圧の変化にも耐えられる。

最大1コマ0.6秒間隔で撮影可能。ウェイポイント、距離、時間、マニュアルなど様々な撮影モードが設定可能。「DJI Ground Station Pro」など、飛行計画アプリケーションをサポート。GPS情報とジンバル情報を撮影データに埋め込み、マスターとスレーブによるドローンとカメラの独立したコントロールが可能といった性能を持つ。

また、iOSで使用可能な「iX Capture Mobile アプリケーション」も新開発され、ライブビューにより上空からの映像をリアルタイムに確認可能。オートモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を自動設定。マニュアルモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を「iX Capture Mobile」から個々に設定変更可能。ウェイポイント、距離、インターバルによる自動トリガーモード。「DJI Lightbridge コントローラ」の2ダイヤルによるカメラコントロールが可能。


お問い合わせ先:Phase One Japan