世界中にテイラーブームを巻き起こした、あの大ヒットアルバム『1989』の発表から早くも2年半。今年2月に開催されたNFLスーパーボウル前夜祭でのパフォーマンスを最後に、故郷であるテネシー州に戻り、新アルバムを製作中だと報じられていたテイラー・スウィフト(27)。その新アルバムが、今年の秋にもリリースされるよう!

Night💋 @gettyentertainment @versace_official

A post shared by Taylor Swift (@taylorswift) on

<USマガジン誌>の情報によれば、曲作りやレコーディングに没頭しアルバムの発表の準備は着々と進んでいるよう。ニューヨークやロサンゼルス、ロンドンの人目に留まる大きなスタジオではレコーディングしていないというテイラー。一度はカントリーミュージックに戻るか考えていた彼女だが、このままポップ系の曲を続けると決断したよう。

また関係者は、ニューアルバムは"今年の秋"にはリリースされる見込みだと伝えている。

人気ラッパーで、キム・カーダシアンの夫であるカニエ・ウェストの曲「Famous」の歌詞の一節 で「まだテイラーとセックスしたいかもしれない、おれがあのビッチを有名にしたから」 が原因で揉めたりや、人気DJのカルヴィン・ハリスやトム・ヒドルストンとの破局など、ニュースになることも多かったテイラー。新アルバム発売と同時に、笑顔で戻ってくることを祈るばかり♡