日本の清潔さに驚嘆する中国人旅行客は少なくない。逆に、日本から中国を訪れると、その汚さに驚嘆する日本人も多いものだが、インド人からすれば、そんな中国も清潔に映るらしい。中国メディアの今日頭条は7日付で、中国の清潔さに驚嘆したインド人の経験について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本の清潔さに驚嘆する中国人旅行客は少なくない。逆に、日本から中国を訪れると、その汚さに驚嘆する日本人も多いものだが、インド人からすれば、そんな中国も清潔に映るらしい。中国メディアの今日頭条は7日付で、中国の清潔さに驚嘆したインド人の経験について紹介する記事を掲載した。

 記事は、仕事の都合で中国に派遣されたという1人のインド人の経験を紹介している。このインド人は中国の道路を見て「清潔であるうえ、道路の状態も良好で、ひび割れが1つもないアスファルトが延々と続いている」と称賛したという。

 また同インド人が、中国の駅構内に発車時刻を表示する超大型の電子スクリーンが存在していることや駅構内が清潔であることに感銘を受けたことを伝え、特に清潔さについては「このような清潔さのレベルを目にして、驚愕のあまり口がきけなくなった」と感じたことを紹介している。

 さらに駅のプラットフォームについて、「ゴミ1つ落ちていない」うえに、痰を吐く人もいなければ、「好き勝手に大小便する人がいない」と称賛したことについても紹介。どこか聞き覚えのある言葉ありが、これらはまるで中国人が日本を訪れた際に口にする言葉のようだ。だが、中国では「好き勝手に大小便する人がいない」というのは間違いであり、実際には電車の車内や駅のプラットフォームで子どもに大小便をさせる親がいて、中国ネット上ではしばしば批判の対象となっている。

 インド人から見ると、中国も清潔に見えるというのは興味深い点だ。中国の環境も清潔に見え、「驚愕のあまり口がきけなくなった」のであれば、記事が紹介したインド人がもし日本を訪れ、日本の清潔さを体験したら一体どうなってしまうのだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)