腹部のハリや膨満感が辛く、体がすっきりしない便秘。便秘が美容や健康に悪いことは誰もが知っています。しかし便秘が体臭として体の外に漏れ出すことはあまり知られていないよう。しつこい便秘に悩まされているというあなたは特に注意が必要です。すでに便秘が体臭として体外に漏れ出している可能性だって考えられます。便秘と体臭の関係についてご紹介。

便秘で有害物質が身体に吸収される

本来であれば便は余分な水分が腸壁に吸収され体外へ排出されるものなのですが、便秘となると便が長く腸内に留まることで、便の腐敗・発酵が進み、腸内に様々な有害物質を発生させてしまいます。更に便秘が長期化することで、身体にどんどん有害物質が吸収されていってしまいます。しかも腸から吸収された有害物質は腸周辺だけでなく、血液に溶け出して全身へと送り届けられてしまいます。便を長期間腸の中に留める便秘は、身体全体に有害物質を吸収させるのと同じようなことだとわたしたちは自覚する必要があるのです。

有害物質が体臭として漏れ出してしまう

便秘の影響で有害物質が体中を巡ることで、次第に有害物質が皮膚や呼気から排出されるようになっていきます。しかも便の発酵・腐敗から発生した有害物質であるだけあって、便や下水のような臭いとして排出されてしまうのです。体臭や口臭として便臭が放たれる状況を想像しただけでもゾッとしますよね。身の周りから便臭のする人というレッテルでも貼られたら最悪です。

最悪の事態を避けるには便秘を改善する他ない

便秘が体臭として体外に漏れ出すのを避けるには、当然便秘を改善するしかありません。便秘改善の方法としては、乳酸菌や食物繊維などの善玉菌を増やす食べ物を摂取すること、アルコールやカフェインなどの脱水作用のあるものはなるべく避けること、頻繁に軽い運動を行っておくこと、十分な水分を補給すること、過剰なダイエットは行わないことなどです。これらは便秘対策としては非常に有名かつ、非常に効果的な方法です。つまりは適切な生活習慣を心がけましょうということ。適切な生活習慣を心がけることで便秘が体臭として漏れ出す事態を回避できます。


writer:サプリ編集部