攻殻機動隊REALIZE PROJECT × イノフェス「攻殻シンポジウム in イノフェス2017」開催

写真拡大 (全2枚)

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)は、 2017年6月3日(土)に筑波大学と共同で開催する「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017 Supported by CHINTAI」(通称:イノフェス)の企画として「攻殻シンポジウム in イノフェス2017」を実施することが決定したと発表した。

「攻殻機動隊」は士郎正宗氏による漫画作品で、 21世紀の科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイド、バイオロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を防ぐ内務省の公安警察組織「公安9課」通称「攻殻機動隊」の活動を描いた大人気作品だ。テレビアニメや映画化多数。今年ハリウッド版実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が公開された。そして、先日アニメ版の新作制作も発表され大きな注目を集めている。

「攻殻機動隊」に描かれたテクノロジーの世界は、いま現実の世界でどこまで実現できているか?「義体(ロボット)」「都市(交通)」などをテーマに豪華出演者が映像を交えてお届けする。

モデレーターは、日本バーチャルリアリティ学会会長の岩田洋夫筑波大教授。ゲストは、アニメ映画攻殻機動隊S.A.C.監督・脚本を手掛けた神山健治監督、ウェアラブルの第一人者である塚本昌彦神戸大教授という豪華メンバーに加えてさらに、攻殻ファンのミュージシャン☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm)も登壇が決定している。

■「攻殻シンポジウム in イノフェス2017」概要
日時: 2017年6月3日(土)15:00〜
場所: INNOVATION WORLD FESTA 2017会場内「イノフェスTDKホール」
出演モデレーター: 岩田洋夫(筑波大教授 / 日本バーチャルリアリティ学会会長)
出演ゲスト: 神山健治(攻殻機動隊S.A.C.監督・脚本)、塚本昌彦(神戸大教授)、☆Taku Takahashi (m-flo / block.fm)
MC: 武藤博昭(攻殻機動隊 REALIZE PROJECT 事務局 事務総長)

■INNOVATION WORLD FESTA 2017

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦
・会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)
・料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」
・劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信
・語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート