写真提供:マイナビニュース

写真拡大

モデルでタレントの中村アンが12日、新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のオープンを記念して東京ディズニーシー(千葉県浦安市)にサプライズ登場した。

ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』をテーマにした同アトラクションで、映画での吹き替えに続きジンベエザメのデスティニーの声を担当した中村。この日は、ドリー役の室井滋、マーリン役の木梨憲武、ハンク役の上川隆也と共に駆けつけ、最初のゲスト約240人をお出迎え。自身も開園前にアトラクションを体験した。

レースやシースルーを用いた白のミニワンピースに、声を演じたデスティニーも飾りとしてプラスした中村は、「デスティニーが波に乗っているような感じで」と衣装のテーマを説明。また、体験した新アトラクションについて、「今までのディズニーシーにはないような新しい感じでした」と興奮気味に感想を語り、「自分も泳ぎたい! 海に入りたくなりました」と海底の世界に魅了された様子だった。

同日リニューアルオープンを迎えた「タートル・トーク」でも、今回新たに仲間入りしたデスティニーの声を担当した中村。プライベートでも「タートル・トーク」に参加したことがあったそうで、この日リニューアルバージョンを体験し、「自分のデスティニーが存在していることにすごく感動しました」と喜んだ。