左から栗山千明、ジョニー・デップ、中川大志

写真拡大

全米公開を5月26日に控えたジョニー・デップ主演の人気シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。この映画のワールドプレミアが5月11日に上海ディズニーランドで開催され、ジャック・スパロウを演じるジョニー・デップが登場! また、日本からは吹替版声優をつとめる栗山千明と中川大志が着物姿で参加した。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ワールドプレミア、その他の写真

上海ディズニーランドは、世界で唯一『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界感をテーマにしたオリジナルのテーマランド「トレジャー・コーブ」が存在し、アトラクション「カリブの海賊 “バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー” 」が大人気のテーマパーク。ディズニー初の中国での最大規模のワールドプレミアに、デップをはじめ豪華スターが登場することもあり、会場には海賊に扮したファンなど約5000人、メディア300人が150メートルにも及ぶレッドカーペットに詰めかけた。

日本からは、本作の物語の鍵を握る美しく孤独な天文学者カリーナ役の日本語吹替を担当する栗山と、オーランド・ブルーム扮するウィル・ターナーの息子で、勇気ある情熱家ヘンリー・ターナー役の吹替を担当する中川が参加。栗山はデップ扮するジャックの印象について「女性から見て、セクシーと言うかチョイ悪な感じも魅力ですね」と話し、中川は「これからジャック・スパロウに会えるかもしれないということで、ジャック・スパロウの魅力は個性的なファッションセンスもですが、先の読めない、一見こいつについて行って大丈夫? と思わせるような、頼りなさそうで、どこか男らしいギャップがあることですね」と語った。

この日のレッドカーペットにまず登場したのは、ヘンリー・ターナー役を演じている次世代若手スターのブレントン・スウェイツ。栗山と中川が声をかけると「強くていい声だね。美しい。お会いできてとっても光栄です。一緒に写真を撮ってもいいですか」と初対面を喜んだ様子。

その後も、ジャック・スパロウの宿敵バルボッサ役のジェフリー・ラッシュや、ジャック・スパロウ最大の敵=海の死神のサラザール役を演じるオスカー俳優ハビエル・バルデムらが続々登場。さらに、ウィル・ターナー復活が大きな話題となっているオーランド・ブルームが姿を現すと、会場からは黄色い歓声が上がり、栗山、中川との対面には「日本のカリーナとヘンリーだね。会えてうれしいよ。(栗山は)日本のCMで共演したよね、覚えているよ。また会えてとても嬉しい!」と言葉を交わしていた。

そしてついにジャック・スパロウを演じるデップが登場。会場からは割れんばかりの大歓声が巻き起こり、涙を流して喜ぶファンの姿も。デップと対面した栗山と中川は、そのデップから「素敵な衣装だね。ずっと遠くから見えていたよ。僕も一着欲しいんだけど、どうすれば手に入る?」と着物を絶賛され、さらにデップは「今回の『パイレーツ』は、心の底から楽しんでもらえると思うよ」と自信満々にコメント。続けて「早く日本の大勢のみなさんにも『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を見てもらいたい。来月は日本に行く予定だよ!」と握手を交わし、栗山らとの再会を約束していた。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』はは7月1日より全国公開となる。