Microsoftは現実世界にグラフィックを重ねて「複合現実(Mixed Reality)」を実現するHoloLensの開発者バージョンを2016年から提供していますが、このHoloLensの複合現実で直感的な操作を可能にする1対の新型モーションセンサーコントローラーが開催中の開発者会議「Build 2017」で発表されました。

Tools for Traveling Through a New Reality - YouTube

空中に浮かぶヘッドセットに近寄る女性。



ヘッドセットの中には3Dグラフィックの世界が広がっています。



空から振ってきたのは、HTC Viveのハンドコントローラーっぽい1対のコントローラー。



女性がコントローラーを手に取ると、コントローラーのリングから曲線を描くビームが飛び出しました。



これはVRゲームでも見られる通称「移動ビーム」で、ポインターを合わせた位置へ瞬時に移動できるというものです。



空中に緑色に光る物体が浮かんでいます。



コントローラーのリングの中に吸い込まれていき……



さまざまなペイントツールがずらり。



親指でグリグリするとツールが回転



親指でタップすると筆が選択されました。



コントローラーを動かした軌跡の通りに、筆が鮮やかな色を描いていきます。



つまりこの空間は広大な3Dキャンパス。どんなグラフィックを描くかは想像力次第です。



絵を描いていると、地面から青く輝くリングが飛んできました。



これを拾い上げ、両手のコントローラーで伸ばすと……



瞬く間に風情あるランタンに変化。



空中に浮かべると、まるでタイの夜空にランタンを浮かべるコムローイ祭のような雰囲気になりました。



なお、この新型コントローラーはリング部分に光学センサーが内蔵されており、ヘッドセットがコントローラーの位置をトラッキングします。



人さし指部分にはトリガーボタン。



HTC ViveのハンドコントローラーやPSVRのPS Moveと最も違う点は、手のひらのあたりに「グラブボタン」が存在すること。コントローラーをぎゅっと握るだけで、複合現実でも「握る」の動作を行うボタンと見られ、直感的な操作性を意識しているのがわかります。



親指部分にはグリグリできるスティックを配置。



その隣にはタッチパッドがあり、ペンツールをスライドして回転、タップして決定という動作を行っていたのはコレ。既存の類似製品に新しい機能を取り入れたわけではなく、「使いやすさ」を追求したようなコントローラーとなっているようです。なお、ムービーではVR(仮想現実)で操作していたようですが、このコントローラーは「WindowsのMR(複合現実)体験のカギとなるモーションコントローラー」と説明されており、HoloLensに対応するコントローラーと見られます。