写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●2017年秋の大型アップデート「Fall Creators Update」
米Microsoftが2016年5月10日(現地時間)から開催中の開発者向けカンファレンス「Build 2017」。1日目に引き続き、2日目の基調講演で発表された新テクノロジーや製品に関する最新情報から、キーポイントを取り上げて紹介する。

○2017年秋の大型アップデート「Fall Creators Update」

最初に登壇したのは、さらに痩せて別人にようになったMicrosoft EVP, Windows & DevicesのTerry Myerson氏。今後は一定のタイミングで大型アップデートをリリースするWindows 10について、Microsoft Graphと連携し、人と人、もしくは人とデバイスを有機的につなげていくと語る。

まず紹介されたのは「フォト」の機能強化。例えば、タグ化された登場人物に対してペンでメッセージを書き込むと、動画中で登場人物が走るとメッセージも追従する。また、Remix 3Dから3Dオブジェクトを取得して、動画内のサッカーボールを「ファイヤーボール」に置き換えたり、ゴールした瞬間に爆発させたりするなど、2D画像を加工する感覚で動画編集が行われた。

○Project NEON、改め「Microsoft Fluent Design System」発表

以前から、Windows 10自身やアプリケーションのデザインを刷新する「Project NEON」の存在がささやかれてきたが、Microsoft CVP, WindowsのJoe Belfiore氏は「Microsoft Fluent Design System」の存在を明らかにした。

流動性を重視した新デザインは「Light」「Depth」「Motion」「Material」「Scale」と5つの要素に分かれる。明暗や深み、動きなどをUIやウィンドウデザインに持ち込んでいくという。

他方で、利用者が増加したWindows Inkの活用方法も大きく広がる。デモンストレーションでは、Bingの検索ボックスを用いた手描き入力や、Microsoft EdgeでPDFファイルを開き、ペン入力をそのまま保存する機能を披露した。

●クリップボードをクラウド化する「Cloud-Powered Clipboard」
○Windows 10版プレースホルダーの復活

Microsoft Graphとの連携も興味深いが、筆者が注目するのは「OneDrive Files On-Demand」だ。Windows 8.x時代はクラウド上のファイルを必要に応じてローカルストレージにダウンロードするプレースホルダー機能が備わっていたが、Windows 10では廃止されている。端的に述べれば本機能は「Windows 10版プレースホルダー」だ。

同期範囲はOneDriveフォルダーに留まらない。デモンストレーションでは、デスクトップ上に生成したファイルが、別PCやスマートフォン(のOneDriveクライアント経由)でもアクセス可能であることを示していた。詳しくは、Windows 10 Insider Previewに搭載されたタイミングで改めてご報告したい。

○操作履歴を同期する「TimeLine」

Microsoft Graphと連携することで実現するのが、「TimeLine」だ。タスクビューから過去に起動したアプリケーションをサムネイル表示し、必要であれば古いファイルを再編集可能になる。「ファイル履歴」をシームレスに使用できる仕組みを思い浮かべると分かりやすい。

また、Cortana経由で他のPCやスマートフォンへ作業内容を通知する機能も備えている。対応するアプリケーションがあれば、そのまま作業を続行できるため、1人で複数デバイスを操作する時代に即した機能となりそうだ。

○クリップボードをクラウド化する「Cloud-Powered Clipboard」

文字どおりクリップボードの内容をクラウド経由で同期する機能だ。デモンストレーションでは、PowerPoint上の文字列をコピーし、スマートフォンのキーボード(Word Flow Keyboardと思われるが詳細不明)を開くと、その内容がペースト可能になるというもの。Microsoft Graphを通じて実現しているという。

●Windows Subsystem for Linuxで動作するLinuxディストリビューション拡大
○「iTunes」がWindowsストアに登場

「Spotify」のUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーション化は既に報じられているが、今回「iTunes」「SAP Digital Boardroom」のUWPアプリケーション化がアナウンスされた。デスクトップアプリのUWP化はMicrosoftが推進しているため、これらのアプリケーションがUWP化すること自体に驚きはない。しかし、iTunesは独自のデバイスドライバーを多数インストールするため、UWP化に伴う整合性の取り方は興味深いポイントとなる。なお、UWP版iTunesがネイティブなのか、Desktop Bridgeを用いるのかは不明だ。

○WSLで動作するLinuxディストリビューションの拡大

これまでWSL(Windows Subsystem for Linux)で動作するLinuxディストリビューションはUbuntuに限られていた(現在は有志の手によって他のLinuxディストリビューションも動作可能)。今後はUbuntuやopenSUSE、FedoraがWindowsストアからダウンロード可能になり、各ディストリビューションに対応する。aptではなくrpmを使いたいユーザーには興味深い改善といえよう。なお、リリース時期などは現時点で不明。

○MS製モーションコントローラー登場

MicrosoftがMR(複合現実)に大きな力を注いでいるが、今回の基調講演ではサードパーティ製HMD(ヘッドマウントディスプレイ)と合わせて使うモーションコントローラー「Windows Mixed Reality Motion Controllers」を発表した。公式ブログによれば、米国およびカナダでは、Acer製HMDにバンドルした開発者向けセットが399ドルでプレオーダーできる。

以上が2日目の基調講演で語られた主要なトピックだが、やはり注目はFall Creators Updateだろう。Windows 10 バージョン1703(Creators Update)自体、システム内部を除いて小規模な更新に留まったことを踏まえると、Creators Updateで満たせなかった部分をFall Creators Updateで補っていくのだろう。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)