11日、中国外交部の耿爽報道官は定例記者会見で、14日に開幕する「一帯一路」サミットに29人の各国国家元首・政府首脳らが出席する予定であることを明かした。

写真拡大

2017年5月11日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、14日に開幕する「一帯一路」サミットに29人の各国国家元首・政府首脳らが出席する予定であることを明かした。

現時点で外国の国家元首・政府首脳および国連事務総長など重要な国際組織の責任者合わせて29人が「一帯一路」サミット首脳円卓会議などへの出席を表明しているという。また、130あまりの国から約1500人の各界関係者がフォーラムに出席し、登録した報道記者の数は4000人あまりに上っているという。

耿報道官によると、サミットは主に開会式、円卓会議、ハイレベル会議の3部分からなる。14日午前の開会式では、習近平(シー・ジンピン)国家主席が基調講演を行い、開会式に続いてハイレベル全体会議が開かれる。午後は6つのテーマ別会議が行われ、15日には習主席を座長とした円卓会議が実施される。その後習主席が記者会見で主な成果を発表する予定だ。

また、サミットでは中国が関係国とともに「一帯一路」構想における共通認識を盛り込んだ共同声明を発表する予定であるほか、一連の協力文書への署名も行われるという。(翻訳・編集/川尻)