【ソウル聯合ニュース】韓国の任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は12日朝、初の青瓦台(大統領府)首席秘書官会議を開いた。前日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領はチョ国(チョ・グク)民政首席秘書官、趙顕玉(チョ・ヒョンオク)人事首席秘書官、尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官を任命している。

 青瓦台関係者によると、民政、人事の両首席秘書官は取材に関するメディアの電話にすべて対応できず申し訳なかったと伝えてほしいと述べたという。また「多くの報道関係者の電話に応じられない状況を放置することは、メディアとコミュニケーションを取るという約束に対し正しい姿ではないとの話があった」と伝えた。
 さらに、「任秘書室長は(会見などに用いられる青瓦台の)春秋館に頻繁に赴き会見するのがよいとの趣旨で話をした。主要首席秘書官とメディアとのコミュニケーションを図るもの」と述べた。
mgk1202@yna.co.kr